事業案内
道路管理運営事業
料金所の利便性を向上させ、快適な走行を提供します。
料金収受

料金所では、交通状況に応じて適切なレーン開放を行い、複雑な車種判別、各種料金割引、ETCのトラブルなどに正確かつ迅速に対応して、日々お客さまが快適に高速道路をご利用いただけるよう努めています。
また、日ごろからお客さまに各種ご案内を行うとともに、ひとたび高速道路上で事故や災害が起こった場合には、お客さまの安全を確保するために、レーン閉鎖や情報提供を行っています。

お客さまから通行料金を収受
お客さまから通行料金を収受
ETCレーンのモニター確認によるお客さまご案内
ETCレーンのモニター確認によるお客さまご案内
ETCを活用した割引サービス

ETC時間帯割引やETCマイレージサービスなどに加え、当社独自の企画割引「ドラ割」を実施しています。なお、ETC利用率については、当社管内で87.1%(2014年3月現在)となっています。

ETC利用率の推移
スマートインターチェンジの導入

ETCを利用して、高速道路の本線やサービスエリア・パーキングエリアから高速道路に乗り降りできるスマートインターチェンジを設置しています。スマートインターチェンジの整備により、高速道路へのアクセスが改善し、地域の活性化に貢献しています。

スマートインターチェンジ(東北道 佐野SA)
スマートインターチェンジ(東北道 佐野SA)
ETCカード未挿入お知らせアンテナの設置

ETCカード未挿入お知らせアンテナETCカード挿し忘れによる事故を未然に防止するために、本線上などで、事前にカード未挿入をETC車載器を通じてお客さまにお知らせするシステムを導入しています。

不正通行対策

不正通行対策「不正通行は許さない」という毅然たる姿勢で対策に取り組んでいます。不正通行対策本部を設置し、不正通行者を特定するための不正通行監視カメラや一般レーンの開閉バーの設置、警察への通報・捜査への協力など対策の強化を図っています。