NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

単品スライド条項の対象となる「主要な工事材料」の追加について

単品スライド条項の対象となる「主要な工事材料」の追加について

平成20年7月28日
東日本高速道路株式会社

当社が発注する工事において、最近の特定の資材価格の高騰を踏まえ、6月25日付けで工事請負契約書第25条第5項(単品スライド条項)を適用し、対象となる「主な工事材料」やスライド額の計算などについて定めたところですが、今般、対象となる「主な工事材料」に「アスファルト類」を追加することとしました。

当社の新規建設事業における舗装工事で大規模な工事の場合は、工事請負業者が工事現場などに専用の仮設アスファルトプラントを設け、原材料となるストレートアスファルトや砕石を購入し、アスファルト混合物の製造まで自ら施工する方法を採用しております。

最近、原材料であるストレートアスファルトなどの価格が高騰しており、工事費への大きな影響が見込まれるため「アスファルト類」を対象としたものです。

単品スライド条項の対象となる「主要な工事材料」

品目 材料 備考
アスファルト類
  • ストレートアスファルト、改質アスファルト(高粘度バインダーを含む)など
    (市販のアスファルト混合物などは除く)
今回追加
鋼材類
  • H形鋼、異形棒鋼、厚板、鋼矢板、鋼管杭、鉄鋼2次製品、ガードレール、スクラップなど、鋼材を主材料として構成されている材料
  • ただし、鋼材類を一部にしか含まないコンクリート二次製品などや、価格変動の要因が鋼材とは異なる非鉄金属は対象としない。
6月25日発表済
燃料油
  • ガソリン、軽油、混合油、重油、灯油
6月25日発表済
参考