企業情報
経営戦略

民営化4年半を振り返って

NEXCO東日本は平成17年10月1日に旧日本道路公団から分割、設立され、平成22年4月1日でまる4年半が経過しました。この間、365日・24時間「安全・安心で快適」な高速道路空間をお客さまに提供することを使命とし、民間企業の経営管理を導入し、経営の効率性・透明性の向上に努めてまいりました。

具体的には、平成18年度から平成22年度までを「経営基盤を確立する期間」として位置付け、全社員が自分で考え、自分の足で歩き、前向きに挑戦していく「目標・指針」として中期経営計画を策定し、実行しています。

本資料は、これまで当社が実施してきたことについて「民営化4年半を振り返って」としてまとめたものです。

【民営化4年半を振り返って】
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。