NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

コンプライアンス意識の向上

社会の要請に応える企業活動を推進するために、コンプライアンス意識の向上に取り組んでいます。

NEXCO東日本グループの倫理行動規範

企業の行動原則としての「企業行動基本方針」と役員および社員の行動原則としての「私たちの行動指針」から成り立っています。

特に、「私たちの行動指針」では、ルールの遵守、人間尊重とともに、経営ビジョンに掲げるあらゆるステークホルダー(お客さま、取引先、株主・投資家、社会、環境、社員)との関係において実践すべき指針を定めています。また、自分の取るべき行動について迷ったときの判断基準として、【迷ったときの4つの判断基準】を掲載しています。

「NEXCO 東日本グループ倫理行動規範」の構成

コンプライアンス体制

NEXCO東日本では、社長を最高責任者とするコンプライアンス推進体制を構築しており、業務監査室がグループ全体のコンプライアンスを総括しています。

NEXCO東日本グループの各組織には、それぞれ主体的に取り組むためコンプライアンス推進責任者を置き、コンプライアンス体制の強化および推進に取り組んでいます。また、コンプライアンスに関する重要事項を審議するため、社長の諮問機関として、外部弁護士を委員長とする「コンプライアンス委員会」を設置し、専門性と客観性の確保に努めています。

公益通報者保護法に基づき、NEXCO東日本社員およびNEXCO東日本と取引関係のある会社の方のためにコンプライアンス通報・相談窓口を設置しており、この通報・相談窓口を適正に運用することで、コンプライアンスに関する課題の早期発見・解決を図り、企業としての自浄作用が有効に機能するよう努めています。

コンプライアンス体制