NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

アクセス向上で地域社会の発展に貢献します

アクセス向上で地域社会の発展に貢献します

スマートインターチェンジ(IC)の整備

日本の高速道路のインターチェンジ(IC)間の距離は、欧米各国より長いと言われていますが、スマートICの整備によりIC間の距離を短くすることで、高速道路へのアクセスが改善し、地域の活性化にも貢献しています。 ETCシステムを活用して、高速道路の本線やSA・PAから高速道路に乗り降りできるICであるため、整備・運営ともにコストを低く抑えることができます。

常磐道 鳥の海スマートIC

常磐道 鳥の海スマートIC