NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

走行環境の維持・向上

走行環境の維持・向上

交通安全対策

交通事故を防止するため、過去の交通事故の発生状況を分析し、注意喚起看板、導流レーンマークによる速度抑制、凹凸レーンマークによる車線逸脱防止、中央分離帯防護柵の強化など、さまざまな交通安全対策を実施しています。

注意喚起看板

注意喚起看板

導流レーンマーク

導流レーンマーク

凹凸レーンマーク(暫定二車線区間)

凹凸レーンマーク(暫定二車線区間)

強化型防護柵

強化型防護柵

逆走防止対策

平面Y型ICの平面交差部方向別カラー舗装

平面Y型ICの平面交差部方向別カラー舗装

高速道路の逆走は重大な事故につながることから、高速道路本線への合流部にラバーポールを設置し無理な転回・逆走を抑制したり、正しい進行方向を示す矢印路面標示・看板の設置や平面Y型ICの平面交差部の方向別カラー舗装など逆走防止対策を推進しています。

暫定二車線区間の正面衝突事故防止対策(ワイヤロープ)

暫定二車線区間の正面衝突事故防止対策(ワイヤロープ)

上下線がラバーポールで区分されている高速道路の暫定二車線区間では、正面衝突事故など痛ましい事故が発生しています。2017年4月から、正面衝突事故防止対策として、ラバーポールの代わりにワイヤロープを試行設置しています。
設置後、ワイヤロープへの接触事故は発生していますが、反対車線への飛出し事故は発生していません。(2017年7月1日現在)