NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

社会の要請に応える企業活動を推進するために

社会の要請に応える企業活動を推進するために

倫理行動規範

企業の行動原則としての「企業行動基本方針」と役員および社員の行動原則としての「私たちの行動指針」から成り立っています。

また、自分の取るべき行動について迷ったときの判断基準として、【迷ったときの4つの判断基準】を掲載しています。

「NEXCO東日本グループ倫理行動規範」の構成

I.企業行動基本方針

II.私たちの行動指針

  • (1)ルールの遵守
  • (2)人間尊重
  • (3)お客さまとの関係
    「お客さまへの姿勢/個人情報の保護」
  • (4)取引先との関係
  • (5)株主・投資家との関係
    「株主・投資家への責任/情報の開示」
  • (6)社会との関係
    「地域社会への責任/道路資産等の保全/反社会的勢力等への対応/国際社会への責任」
  • (7)環境との関係
  • (8)社員との関係

 

【迷ったときの4つの判断基準】

自分の取るべき行動について迷ったときは、次の基準に照らして判断します。

  • (1)法令、ルールに違反していないか。
  • (2)NEXCO東日本グループの信頼・ブランドを損なわないか。
  • (3)充分な情報に基づき、相当の注意を払った上での判断か。
  • (4)家族に、友人に、胸を張って説明できるか。

コンプライアンス体制

NEXCO東日本は、社長を最高責任者とするコンプライアンス推進体制を構築しており、業務監査室がグループ全体のコンプライアンスを総括しています。

(1)コンプライアンス委員会

社長の諮問に基づき、グループ全体のコンプライアンスに関する重要事項を審議するために、外部弁護士を委員長とする委員会を設置し、専門性と客観性の確保に努めています。

(2)コンプライアンス推進責任者

NEXCO東日本では職場ごと、グループ会社では会社ごとにそれぞれ主体的に取り組むためにコンプライアンス推進責任者等を置き、コンプライアンス体制の強化および推進に取り組んでいます。

(3)コンプライアンス通報・相談窓口

公益通報者保護法に基づき、NEXCO東日本およびグループ会社ごとに、社内および社外通報・相談窓口を設置しており、これを適正に運用することで、コンプライアンスに関する課題の早期発見・解決を図り企業としての自浄作用が有効に機能するよう努めています。

コンプライアンス体制

情報セキュリティ

NEXCO東日本は、社内における情報の管理および情報システムの整備・運用にあたって、情報セキュリティ対策に関する規程や対策の運用体制を確立し、セキュリティの維持および改善活動を継続的に実施しています。

  • 情報資産の保護に関して、個人情報をはじめとする重要な情報資産の安全確保のための諸対策を講じるとともに、情報セキュリティ講習会などを通じてグループ全体で意識の醸成に努めています。
  • サイバー攻撃等の脅威について対策を図っています。
  • 定期的に対策の実施状況を確認し、必要な改善を行うなど、情報セキュリティの確保に取り組んでいます。

「情報セキュリティ基本理念」