NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

高速道路機構を通じ着実に債務を返済しています

高速道路機構を通じ着実に債務を返済しています

民営化の概要

2005年10月1日の旧道路関係4公団の民営化において、旧日本道路公団(JH)の3分割により設立されたNEXCO東日本を含む、6つの高速道路会社(以下「会社」という)と高速道路機構が設立されました。

高速道路の保有・債務返済

高速道路の保有・債務返済

高速道路の管理運営・建設事業のスキーム

高速道路の管理運営・建設事業のスキーム

会社は、高速道路資産を保有する高速道路機構から資産を借り受け、管理運営することで、高速道路機構に高速道路資産賃借料(以下、「賃借料」)を支払います。また、会社が借り入れにより調達した資金で新たに建設した高速道路については、完成とともにその資産・債務を高速道路機構に引き渡し、高速道路機構が投資家などの皆さまに債務を返済します。

高速道路事業では、高速道路料金に利潤を含まないこととなっています。お客さまにはさまざまな料金割引をご利用いただいており、その上で、いただいた料金は、安全・安心・快適・便利な高速道路のために必要な道路の維持管理や各種サービスの提供などとともに高速道路機構を通じた債務の返済にあてています。

高速道路の管理運営・建設事業に関する基本的な事項は、高速道路機構と協定を締結するとともに、事業の内容・予算が妥当であること、適切な通行料金の設定のもとで賃借料が確実に支払われ、高速道路機構の債務返済計画に沿った返済が可能であることなどについて、国土交通大臣の事業許可を受けています。