NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

健全で公正・透明・誠実な取引関係のもと安全・円滑な事業を推進

健全で公正・透明・誠実な取引関係のもと安全・円滑な事業を推進

法令遵守と公正性・透明性を確保した調達の実現

適正な調達を確保するための取り組み

  • 調達にかかる営業活動の自粛要請と接触禁止の徹底

    入札参加希望者に対して、個別の発注条件に関する営業活動の自粛を要請するとともに、社員にも、接触を行わないよう倫理教育を行っています。

  • 調達手続きにかかる情報の管理の徹底

    契約制限価格や発注予定など、調達手続きにかかる情報については、情報セキュリティ対策を実施し、情報漏洩などの防止を徹底しています。

公正性・透明性を確保した調達制度の構築と実施

  • 一般競争入札と総合評価落札方式の原則化

    競争契約の方法は、一般競争入札を原則とし、落札者の決定方法を総合評価落札方式とすることにより、品質と価格に優れた調達を実現しています。

  • 調達手続き、調達結果にかかる情報の公表

    「公共工事の入札および契約の適正化の促進に関する法律」に基づき、工事などの調達情報や、主要工事の平均落札率を公表しています。

入札監視機能の強化のための取り組み

  • 入札監視委員会および入札監視統一事務局の設置

    「入札監視委員会」を支社ごとに設置し、入札契約手続きの経緯や審査状況などについて、外部有識者による審議を受けています。

    また、「入札監視統一事務局」を設置し、入札契約手続きに関する事前・事後の審査やデータの収集分析を行い、手続きの適正化に努めるとともに、審査状況を入札監視委員会に報告しています。

反社会的勢力等への対応

市民社会に脅威を与える反社会的勢力および団体などには、毅然として対応します。具体的には、各警察本部や暴力追放センターなどと連携した「不当要求防止連絡協議会」を各支社ごとに設置し、警察への連絡体制の構築と協議会内の情報共有を図るとともに、次のような活動を展開しています。

  1. 「不当要求団体を恐れない」、「不当要求団体に金を出さない」、「不当要求団体を利用しない」ことを実践する。
  2. 不当要求団体による不当な要求は断固拒否する。
  3. 関係機関との密接な連携と一致団結した協力体制を確立する。