NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

持続可能な高速道路サービスの提供のために

日常の維持管理

NEXCO東日本グループでは、安全に走行していただける道路環境を保持するために、日常的に点検や清掃作業を実施するとともに、いつでも安全に安心してご利用いただけるよう計画的に道路の補修を実施しています。

また、NEXCO東日本グループが管轄する事業エリアは、冬季の気象条件が厳しい地域が多いという特徴があり、安全な冬季交通を確保するため、雪氷対策を実施しています。2016年度除雪作業延長は、年間約510,000kmにおよびました。

橋梁の打音点検

橋梁の打音点検

路面の清掃作業

路面の清掃作業

橋梁点検車による点検

橋梁点検車による点検

中央分離帯部の芝生刈込み

中央分離帯部の芝生刈込み

トンネルの打音点検

トンネルの打音点検

路肩部の排雪作業

路肩部の排雪作業

高速道路の長期保全の確立に向けた取り組み(高速道路リニューアルプロジェクト)

床版取替工事

床版取替工事

NEXCO東日本グループが管理する高速道路3,871kmのうち約1,560kmが供用を開始してから30年以上経過し、利用する大型車も年々増加傾向となっています。さらに全体の約70%が積雪寒冷地を通過し凍結防止剤散布量は年間約16万トンにおよぶなど、橋やトンネルなどの道路構造物は厳しい環境下におかれており、著しい変状が発生しつつある状況となっています。

これらを踏まえ、高速道路が引き続き経済・社会・医療・防災などの社会基盤を支える日本の大動脈としての役割を果たしていくために、道路構造物の大規模更新・修繕事業について2015年3月25日に国土交通大臣から道路整備特別措置法に基づく事業許可を受け、2015年度より着手しました。また、この大規模更新・修繕事業の必要性をさらに浸透させることを目的として、各高速道路会社で共通する事業呼称を「高速道路リニューアルプロジェクト」とし、ロゴについても決定しました。

今後、高度道路リニューアルプロジェクトが本格化し、各地域において通行止めや対面通行などの交通規制を行うこととしています。この事業の目的や必要性が、お客さまに十分に理解されるよう他の高速道路会社と連携し、広報展開を実施していきます。

高速道路リニューアルプロジェクト
工事工法をわかりやすく表現したピクトサイン
ピクトサイン

SMH(スマートメンテナンスハイウェイ)実現に向けた基本計画の推進

社会インフラの老朽化に伴い、維持管理・更新・マネジメント技術のあり方への関心が高まっている背景を受け、NEXCO東日本グループでは、長期的な道路インフラの「安全・安心」の確保に向け、現場の諸課題解決に立脚した検討を推進することを基本に、ICTや機械化を積極的に導入し、これらが技術者と融合した総合的なメンテナンス体制を構築するため、2013年に「SMH構想」を公表しました。2014年には構想から「基本計画」に格上げを行い、2020年の実現に向けた具体的なロードマップを策定するとともに、高速道路のメンテナンスサイクルに応じた「テーマ」と「課題」を設定(図1参照)し、具体化を図ってきています。

SMHの実現に向け取り組んでいる主な項目と内容は図2のとおりで、2020年までに、(1)点検作業の効率化、生産性向上、(2)マネジメントを向上させるべく業務の高度化・体系化を図りつつ、さらなる進化を目指していきます。

図1 メンテナンスサイクルに応じた「テーマ」と「課題」

図1 メンテナンスサイクルに応じた「テーマ」と「課題」

図2 SMH(Smart Maintenance Highway)の実現と将来に向けた主要項目

図2 SMH(Smart Maintenance Highway)の実現と将来に向けた主要項目

ロッキング橋脚をはじめとする震災対策

緊急輸送道路の耐震補強の加速化

2016年4月に発生した「平成28年(2016年)熊本地震」により多くの甚大な被害が発生しましたが、その中でも熊本県内の高速道路をまたぐ跨道橋において、ロッキング橋脚を有する1橋が落橋に至りました。

ロッキング橋脚とは上下端がヒンジ構造の複数の柱で構成され、単独では自立せず、水平方向の上部構造慣性力を支持することができない特殊な構造で、大規模地震による変位が生じると不安定となり落橋に至る可能性があることから、早急な耐震補強の実施が必要です。

耐震補強が必要なロッキング橋脚を有する橋梁は、NEXCO東日本が管理する71橋および地方自治体などが管理する高速道路跨道橋69橋の計140橋あり、現在、耐震補強工事のための設計を早急に進め、設計が完了次第、工事の発注手続きを行い、関係機関および近隣住民の方々と協力しながら、可能な限り早期の耐震補強完了を目指していきます。

府領第一橋の想定落橋メカニズム

上記ロッキング橋脚を有する橋梁の補強に加えて、大規模地震発生時に被災後速やかに機能を回復するための対策として、段差防止構造や落橋防止構造・横変位拘束構造の設置、橋脚補強や支承部の補強などの耐震補強を推進していきます。

緊急輸送道路の耐震補強の加速化