NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

「バイオマスガス発電」による電力の供給を実用化

NEXCO東日本は、地球温暖化の防止、循環型社会の形成に貢献するため、高速道路から発生する刈草や樹木の剪定枝、間伐材等のバイオマスについては、これまでも堆肥やチップ材としてリサイクルしてまいりましたが、緑のリサイクルへの新たなチャレンジとして、東北自動車道那須高原サービスエリア(SA)にバイオマスガス発電プラントを整備し、SAへ電力を供給することを実用化しました。

この技術はTIネットワークにより募集を行った、「草刈・樹木剪定により発生する植物廃材(バイオマス)を活用したバイオマスガス発電」(鉄建建設株式会社及び株式会社オストランドとの共同研究・開発)により実用化したものです。

研究・開発概要

(1)ご提案企業名

鉄建建設株式会社(東京都千代田区)
株式会社オストランド(東京都新宿区)

(2)共同研究・開発期間

平成21年度~平成25年度

バイオマスガス発電による緑の新たなリサイクルシステム
バイオマスガス発電による緑の新たなリサイクルシステム