HOME  >  整備効果

整備効果

効果1走行時間の短縮

外環を利用することにより、各地への所要時間が大幅に短縮され、行動範囲も広がります。

走行時間の短縮
ページトップへ戻る

効果2生活道路の安全性向上

外環ができることにより、生活道路に入り込んでいた車が転換され、交通事故の減少が期待されています。

生活道路の安全性向上

効果3防災空間として機能

外環の持つ広い道路空間は、地震などの災害時の一時的な避難路や緊急輸送路、火災の延焼防止など防災空間として機能し、地域の安全性の向上に貢献します。

防災空間として機能
ページトップへ戻る

効果4みどり豊かな道路空間の創造

道路沿線に植樹帯を設け、みどり豊かな道路空間を創造します。

【環境施設帯の整備イメージ】
みどり豊かな道路空間の創造
ページトップへ戻る
 

効果5生活関連施設の収容

地下部分が電気・電話・ガス・上下水道などのライフラインを収容する空間として機能し、歩行空間の通行機能や景観の向上に寄与します。

生活関連施設の収容
ページトップへ戻る
 

効果6下水道整備による河川水質改善効果

外環が整備され、松戸幹線などの下水道整備が進むと、周辺河川の水質改善につながります。

下水道整備による河川水質改善効果

松戸市・市川市においては、交通渋滞・事故や生活環境の改善が早期に望まれています。

ページトップへ戻る