NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

平成18営業年度事業計画について

平成18営業年度事業計画について

平成18年3月31日
東日本高速道路株式会社

東日本高速道路株式会社は、このたび平成18営業年度事業計画を策定いたしました。

当社は、本日付けで日本高速道路保有・債務返済機構(高速道路機構)との間で高速道路事業に関する協定を締結し、同時に高速道路株式会社法第10条に基づき国土交通大臣から平成18営業年度事業計画の認可を受けました。これにより、平成18年度から民営化会社の仕組みが本格的にスタートすることになり、当社としても早期に経営基盤が確立できるよう、より一層の努力を重ねていきます。

認可を受けた事業計画の主なトピックスは以下のとおりです。

【平成18営業年度事業計画のトピックス】
  1. 道央道(八雲IC~国縫IC)、圏央道(つくば牛久IC~阿見東IC、木更津JCT~木更津IC、他1区間)の4区間が新たに開通します。
  2. 磐越道(小野IC~阿武隈高原SA)を4車線化します。
  3. 一般有料道路でも高速道路と同様に、料金額50円につきマイレージポイントを1ポイント付加します。
  4. 今夏を目途に、横浜横須賀道路に時間帯割引を導入します。
  5. 今秋の本格導入を目指し、二輪車ETCの試行を継続します。
  6. 橋梁の耐震補強を推進します。
  7. 新規事業として出版事業、カード事業、ホテル事業を開始します。
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。