NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

「ノーモア多重事故キャンペーン」の実施について

「ノーモア多重事故キャンペーン」の実施について
~~ 3月の急変する気象に ご注意を ~~

平成18年3月14日
東日本高速道路株式会社
北海道支社

東日本高速道路北海道支社札幌管理事務所(所在地:北海道北広島市 所長:安井(やすい)利美(としはる))では、交通事故が多く発生する冬期間を三期(初冬期・厳冬期・終冬期)に分け、それぞれの気象・路面状況にあわせ交通安全のPRに努めてまいりました。

3月に入り、春の訪れを感じさせる日差しで、一気に雪解けが進みますが、北海道におけるこの時期の気象は一転急変し、春模様から真冬へ逆戻りすることもしばしばあります。

1992年3月 17日に起きた186台多重事故の教訓などからも、この季節の運転は“油断大敵”です。

皆様には終冬期におきましても引き続き安全運転を心掛けていただきますよう、弊社では北海道警察本部高速道路交通警察隊の協力のもとに、3月17日に道央自動車道輪厚パーキングエリア(札幌方向)で「ノーモア多重事故キャンペーン」を実施しますのでお知らせします。

1 実施日時

平成18年 3月17日(金)  午前11時~午後 1時

2 実施場所

輪厚パーキングエリア(札幌方向)

3 実施内容

多重事故防止(注意喚起)ポスター・写真類の掲示

また、札幌南インターチェンジでの多重事故防止のチラシ【PDF:225KB】PDFへリンク配布や、
 高速道路上でLED標識車による交通安全広報もあわせて行います。

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。