NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

お盆時期の高速道路における渋滞予測【北海道版】

お盆時期の高速道路における渋滞予測【北海道版】
ピークは8/12(日)~8/15(水)

平成19年7月13日
東日本高速道路株式会社
北海道支社

NEXCO東日本北海道支社(札幌市厚別区、支社長:窪寺克次)は、お盆時期[平成19年8月12日(日)~平成19年8月15日(水)の14日間]の、北海道内高速道路における交通集中による「渋滞発生の傾向」と「渋滞が予測される箇所や通過所要時間」についてとりまとめましたので、お知らせします。

お客様の出発時間を渋滞のピークが予測される時間帯の前後にずらすなど、ゆとりのある旅行計画づくりにご活用ください。なお、渋滞が発生すると予測されている本線料金所では、仮設ブースの設置などにより、混雑の緩和に努めます。

また、事故や異常気象などにより渋滞状況が変動することがあります。ご利用になる当日の道路状況は、ご出発前に(財)日本道路交通情報センター、ハイウェイテレホンなどでご確認ください。

1 渋滞発生の傾向

8月12日(日)と15日(水)がピークとなるものと予測されます。

2 渋滞が予測される箇所・通過所要時間

場所 月日 時間 最大渋滞長 ピーク時刻 通過所要時間
札樽道 朝里本線料金所
(小樽方向)
8月13日(月) 9時~11時 多少の混雑 10時
道東道 夕張IC・出口 8月12日(日) 8時~12時 1.0km 10時 20分
8月13日(月)
道央道 札幌本線料金所
(札幌方向)
8月14日(火) 15時~17時 多少の混雑 16時
8月15日(水) 15時~18時 1.0㎞ 10分
  • ICはインターチェンジを表します。

注) 夕張IC出口の渋滞については、接続する国道274号の渋滞によるものと考えられます。

【参考】:昨年の渋滞発生状況

昨年のお盆時期[8月9日(水)~22日(火)]の1km以上の渋滞

発生実績 8箇所 8回発生(発生箇所は下記のとおり)

場所 月日 最大渋滞長
札樽道 新川IC・出口 8月11日(金) 1.0km
道央道 比布JCT・出口 8月12日(土) 2.4km
札樽道 朝里本線料金所
(小樽方向)
8月13日(日) 2.8km
道東道 夕張IC・出口 8月13日(日) 2.4km
道央道 栗沢バスストップ付近
(旭川方向)
8月13日(日) 12.5km
道央道 三笠IC・出口 8月13日(日) 1.0km
道央道 滝川IC・出口 8月13日(日) 1.1km
道央道 旭川鷹栖IC・出口 8月13日(日) 1.1km
  • 車両火災及び交通事故が原因の通行止めによる渋滞は、2件発生しています。
  • 8月10日(木)15時14分頃  道央道(千歳方向)北広島IC付近  1.8km
  • 8月11日(金)15時24分頃  道央道(札幌方向)三笠IC付近  2.0km
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。