NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

お盆時期における高速道路の交通状況【北海道版】

お盆時期における高速道路の交通状況【北海道版】
8月10日(水)~8月16日(火):7日間
[比較対象は、前年の平成22年8月11日(水)~8月17日(火):7日間、
前々年の平成21年8月12日(水)~8月18日(火):7日間]

平成23年8月17日
東日本高速道路株式会社
北海道支社

NEXCO東日本北海道支社(札幌市厚別区)は、お盆時期における北海道内の高速道路の 交通状況について、次のとおり取りまとめました。

1 期間中のご利用台数

ご利用台数は1日当たり平均約231千台で、無料化社会実験中であった昨年から18.3%の減少となりました。

無料化社会実験前の前々年との比較では、2.8%の増加となりました。

期間中で1日当たりのご利用台数が最も多かったのは、8月13日(土)約308千台で、 昨年のピーク8月14日(土)の約367千台に対し16.0%の減少、無料化社会実験前の前々年のピーク8月15日(土)の約284千台に対し8.6%の増加となりました。

  • 北海道内の無料化社会実験・・平成22年6月28日~平成23年6月19日(現在は終了)
【1日当たりのご利用台数】
高速道路計 今年 前年 前々年 対前年比 対前々年比
231,288 282,997 224,906 81.7% 102.8%
道央自動車道 145,083 177,964 140,030 81.5% 103.6%
札樽自動車道 65,975 67,345 66,135 98.0% 99.8%
道東自動車道 20,231 37,688 18,741 53.7% 108.0%
ご利用台数の日別推移(北海道支社計)
ご利用台数の日別推移

2 混雑状況

1km以上の渋滞は13回発生し、前年(30回)に比べ17回減少しました。前々年(14回)との比較では、1回減少しておりますが、13日、14日にご利用が集中したことにより10km以上の渋滞が3回発生しました(前年4回、前々年0回)。

最も長かった渋滞は、8月13日(土)に道央自動車道 旭川方向栗沢バスストップ付近(※1)を先頭としたもので、ピーク時(11時00分頃)の渋滞延長は23.5kmとなりました。

  • 1:栗沢バスストップは、江別東インターから岩見沢インター間のほぼ中間に位置します。
【渋滞回数】
渋滞延長 今年 前年 対前年比 (参考)前々年
1~5kmの渋滞 7回 11回 -4回 13回
5~10kmの渋滞 3回 15回 -12回 1回
10~15kmの渋滞 2回 2回 ±0回 0回
15~20kmの渋滞 0回 0回 ±0回 0回
20km以上の渋滞 1回 2回 -1回 0回
13回 30回 -17回 14回
【主な渋滞場所】
  道路名 渋滞発生箇所 渋滞日時(ピーク) 渋滞延長 渋滞原因
1 道央道 栗沢BS付近(旭川方向) 8月13日(土)11:00頃 23.5㎞ 交通集中
2 札樽道 札幌JCT付近(札幌JCT方向) 8月13日(土) 9:30頃 10.2㎞ 交通集中
3 道東道 夕張IC出口(帯広方向) 8月13日(土)13:00頃 10.1㎞ 交通集中
4 札樽道 朝里本線料金所(小樽方向) 8月13日(土)11:40頃 9.3㎞ 交通集中
5 札樽道 伏古IC付近(札幌JCT方向) 8月14日(日)10:30頃 5.1㎞ 交通集中
6 道東道 占冠IC出口(札幌方向) 8月14日(日)15:15頃 5.1㎞ 交通集中
  • ICはインターチェンジ、JCTはジャンクション、BSはバスストップを表します。