NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

圏央道久喜白岡JCT~境古河IC間
<開通1週間後の速報>新たに開通した圏央道の交通量をお知らせします。

圏央道久喜白岡JCT~境古河IC間
<開通1週間後の速報>新たに開通した圏央道の交通量をお知らせします。
~つながる。まわる。圏央道。~ 国際競争力と成長を支える道路

平成27年4月20日
国土交通省
東日本高速道路株式会社

  • 平成27年3月29日に開通した圏央道(久喜白岡JCT~境古河IC間)の交通量※1は、約5,300台/日※2です。別添1【PDF:930KB】PDFへリンク
  • 先行して開通していた隣接区間の圏央道(白岡菖蒲IC~久喜白岡JCT間)は、開通区間が伸びたことで9,200台/日となり、利用台数が2,400台/日増えています。別添1【PDF:930KB】PDFへリンク
  • 3環状道路は、今年に入り、中央環状線品川線、圏央道(寒川北IC~海老名JCT間)等が順次開通してきており、今後も、圏央道(神崎IC~大栄JCT間)、(桶川北本IC~白岡菖蒲IC間)等の開通が予定されています。
  • 東北道や国道16号の交通量の変化は、まだ限定的ですが、今後、圏央道が利用されることで、渋滞緩和や地域経済の活性化等の効果が期待されます。別添2【PDF:841KB】PDFへリンク

 圏央道久喜白岡JCT~境古河IC間の開通後1週間の交通量

日付 日別交通量 備考 天候※3
久喜白岡JCT~
幸手IC間
幸手IC~
五霞IC間
五霞IC~
境古河IC間
3月29日(日)  4,300台 4,100台 3,300台 15時開通(9時間交通量) 晴後曇
3月30日(月)  5,600台 4,600台 3,100台 24時間交通量
3月31日(火)  5,000台 4,100台 2,500台 快晴
4月1日(水)  4,900台 3,900台 2,300台 曇一時雨
4月2日(木)  5,500台 4,400台 2,500台
4月3日(金)  5,300台 4,200台 2,200台
4月4日(土)  5,900台 4,800台 2,800台 雨後曇
4月5日(日)  5,200台 4,300台 2,700台 雨時々曇
4月6日(月) 4,700台 3,700台 1,900台 晴後曇
  • 1 平成27年3月30日(月)~4月5日(日)の日交通量の平均値
  • 2 久喜白岡JCT~幸手IC間
  • 3 天候は熊谷市の昼の天気概況を記載(気象庁ホームページより)

開通による主な効果

圏央道の整備により、東北道や常磐道などの放射方向の高速道路を結ぶ道路ネットワークが形成されます。広域的な人・物の交流により民需が拡大【PDF:457KB】PDFへリンクし、地域経済の好循環【PDF:593KB】PDFへリンクが生まれます。

 参考資料

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。