NEXCO東日本 コーポレートサイト

高速道路リニューアルプロジェクト
東京外環自動車道 和光北IC~川口西IC 橋りょう疲労き裂補修工事

東京外環自動車道 和光北IC~川口西IC 橋りょう疲労き裂補修工事

お客さまへのお知らせ

5月29日(月)からの外環道での工事は、予定通り実施します。

(規制区間:(外回り)戸田東IC~川口西IC、期間:5月29日(月)朝10時~5月31日(水)朝6時まで)

通過・迂回にかかる所要時間はこちら外部リンク:別ウィンドウ表示

規制箇所(和光北~戸田西)
規制箇所(戸田東・川口西)
高速道路リニューアルプロジェクト

東京外環自動車道 橋りょう疲労き裂補修工事にかかわる渋滞予測

朝・夕の交通量の多い時間帯には約15km、通過に1時間以上かかる渋滞が予想され、周辺の一般道路でも混雑が予想されます。お客さまには大変ご迷惑をおかけしますが、お出かけの際には、公共交通機関のご利用や、時間に余裕をもった迂回にご協力ください。

東京外環自動車道 和光北IC~川口西IC 橋りょう疲労き裂補修工事にかかわる渋滞予測
東京外環自動車道 和光北IC~川口西IC 橋りょう疲労き裂補修工事にかかわる渋滞予測
◆印で示す日は、予定日です。予定通り終了した場合は工事に伴う渋滞予測はありません。

工事概要

外環道の橋りょう区間では、一部の区間で鋼床版(こうしょうばん:下図参照)を使用しています。

外環道は、平成4年の開通から20年以上経過しており、この間における、車両の大型化による輪荷重の増加により、鋼床版の疲労き裂が点検により発見されました。鋼床版に発生した疲労き裂は、放置すると鋼床版を貫通し、最悪の場合は路面の陥没を招き、安全性を損なう恐れがあります。

そこで、疲労き裂が進行する前にき裂の補修を行うとともに、アスファルト舗装の下部を剛性の高いコンクリート(SFRC:鋼繊維補強コンクリート)に置き換えることで、橋りょうの長寿命化を図る工事を行うものです。

工事概要
【アスファルト舗装はぎ取り状況※】 【鋼繊維補強コンクリート打設状況※】 【アスファルト舗装の完了※】
  • 写真は、同様の工事を実施した状況です。
  • 昼夜連続車線規制予定時間内に荒天が予想される場合、工事は翌日(火~)、翌々日(水~)または6月19日(月)から7月7日(金)の間の同じ曜日、同じ時刻の予備日に順延いたします。 なお、土・日曜日は工事を実施しません。
  • 工事の実施判断は、開始日前日の18時に行います。

位置図

位置図

規制期間