NEXCO東日本 コーポレートサイト

ドラぷら

NEXCO 東日本

台風18号の強風に伴う京葉道路への足場部材の一部落下について

台風18号の強風に伴う京葉道路への足場部材の一部落下について

平成25年9月16日
東日本高速道路株式会社関東支社

NEXCO東日本関東支社(東京都台東区)において、京葉道路と交差する跨道橋「橋名:幕張台橋」の補修工事用に設置した足場部材が、台風18号接近に伴う強風により、京葉道路上に一部落下し、走行中の乗用車1台が破損する事故がありました。

これにより、お客さまにけが等はありません。

この復旧のため、京葉道路上り線 宮野木JCT~幕張IC及び、下り線 幕張IC~武石ICの通行止めを12時36分から16時35分の間実施しました。お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしました。

1 事故の発生日時

平成25年9月16日 12時10分頃

2 発生場所 (別添【PDF:253KB】PDFへリンク参照)

千葉県千葉市花見川区幕張町
京葉道路 上下線 16.6KP付近 (武石IC~幕張IC間)

3 落下した足場部材

  • 足場板 縦約4m×横約34mの足場板の一部
  • 単管パイプ 複数本

4 落下の状況 (別添【PDF:253KB】PDFへリンク参照)

京葉道路と交差する跨道橋「橋名:幕張台橋」の補修工事用に設置した足場部材が、台風18号接近に伴う強風により、京葉道路上に一部落下したもの。

5 対応状況

落下した足場部材を撤去し、緊急点検を実施し、安全を確認できましたので、16時35分に通行止めを解除しました。