高速道路の安全

安全走行のための日常管理

 NEXCO東日本グループでは、安全に走行していただける道路環境を保持するために、日常的に点検や清掃作業を実施するとともに、いつでも安全に安心してご利用いただけるよう計画的に道路の補修を実施しています。

舗装補修作業の写真
舗装補修作業
のり面の草刈作業の写真
のり面の草刈作業
橋梁の打音点検の写真
橋梁の打音点検
ETC設備点検(アンテナ点検)の写真
ETC設備点検(アンテナ点検)
トンネル照明灯具の清掃の写真
トンネル照明灯具の清掃
トンネル壁面の清掃の写真
トンネル壁面の清掃

「花と緑のやすらぎ」ハイウェイガーデン®プロジェクト

ハイウェイガーデン館山道 市原SAの写真
近隣のガーデン施設にデザイン・監修いただいたハイウェイガーデン®(館山道 市原SA(上り線)

 SA・PAの園地などを利用しやすく心地良い空間へと転換するとともに、地域らしさの創出と地域との連携を目指した「ハイウェイガーデン®」を整備するプロジェクトです。NEXCO東日本グループでは、お客さまに更なるやすらぎと癒しの空間を提供するため、整備を進めていきます。

道路管制センター

交通管制部門

関東支社道路管制センター(交通管制部門)の写真
関東支社道路管制センター(交通管制部門)

 高速道路の道路状況を把握し、異常事象への対応やお客さまへの情報提供を行っています。異常事態発生時には、交通管理隊に対し処理の指示を行い、必要に応じて消防の出動要請や他の道路管理者、関係自治体などに連絡します。
 関東支社道路管制センターは、渋滞の伸縮傾向などの情報提供機能や交通管理隊車両のGPS情報、車載カメラを活用した現場状況把握などの機能を備え、高度な交通管制が可能となっています。また、ジャンクション3Dマップにより現場状況を迅速に把握し、事故処理をスムーズに行えるようにするなど管制運用の高度化を図るとともに、最高水準の耐震性能を有し、大規模災害時に備えた支社間相互バックアップ体制を構築しています。

施設制御部門

関東支社道路管制センター(施設制御部門)の写真
関東支社道路管制センター(施設制御部門)

 遠方監視制御設備で、道路やトンネルの様々な施設の運転状況を24時間計測・監視・制御しています。長大トンネル内での火災時には、迅速かつ的確に避難誘導を行い、トンネル非常用設備を稼働させます。

交通事故防止への取組み

交通巡回

 定期または臨時に高速道路を巡回し、渋滞などの交通状況、落下物による道路状況・気象状況などの情報を収集しています。また、異常事象が発生した時には現場に急行し、落下物排除、事故対応を行うため、日頃の訓練も重要になります。

落下物などの処理数:約101,000件
交通管理巡回距離:約23,500,000km(地球約1周半/日)
(2019年実績)

規制訓練の様子の写真
規制訓練の様子
現場対応の様子の写真
現場対応の様子

法令違反車両に対する指導取締り

 道路を通行できる車両諸元の最高限度値や、長大トンネルなどを通行する際に積載できる危険物の品目などは、法令などで定められています。特に重量超過車両は、道路の構造物の劣化に重大な影響を及ぼし、また、交通安全上、重大な事故につながる恐れがあるため、入口料金所などで厳格に取り締まっています。

適正な通行かどうかを確認している様子の写真
適正な通行かどうかを確認している様子

VOICE

(株)ネクスコ・サポート北海道 苫小牧交通管理事業所 隊員 山口 琢弥の写真
(株)ネクスコ・サポート北海道
苫小牧交通管理事業所 隊員
山口 琢弥

 交通管理隊は 24時間365日お客さまの安全・安心を守り、快適な高速道路空間を提供すべく、日々の訓練や体力の向上に努めております。それは危険の伴う高速道路上の作業においてお客さまや自身の安全を保ちながら迅速な判断・行動が必要であるためです。
 「業務の公共性認識」交通管理隊の隊訓であり、日々の業務が人々の生活や社会に多大な影響を与えることを表しております。これからも、この隊訓を胸に刻み日々の業務に臨んで参ります。