道路建設事業への取り組み

ネットワーク整備と更なる機能向上に向けて

取締役兼常務執行役員建設事業本部長澤田 和宏の写真
取締役兼常務執行役員
建設事業本部長
澤田 和宏

 建設事業部門では、高速道路のネットワーク整備と更なる機能向上を目指し、道路建設事業を展開しています。

 高速道路ネットワークは着実に整備されてきましたが、未だ首都圏をはじめとするミッシングリンクが残されています。都市部の厳しい制約条件の中、安全を第一に最新の技術でネットワークを完成させてまいります。

 また完成した高速道路にあっても、安全性、時間信頼性、快適性の向上、リダンダンシーの確保等の観点から、更なる機能向上が求められています。暫定2車線区間の4車線化、付加車線の設置、スマートインターチェンジや新たな休憩施設などの事業について、既存道路の交通を確保しながら進めてまいります。

 当社がこれまで培ってきた建設技術に加え、i-Constructionなどの最新技術により一層の生産性向上を図りながら、安全を最優先に、品質・コストを追求し、より信頼される道路づくりに努めてまいります。