NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

災害からの早期復旧や、緊急時の迅速な対応に努めています

災害からの早期復旧や、緊急時の迅速な対応に努めています

高速道路の災害復旧

東日本大震災における復旧活動の事例

2011年3月11日に発生した東日本大震災では、東北道や常磐道で路面のクラックや段差、盛土崩落、橋梁の伸縮装置の破損など多くの損傷が発生し、震災直後は約2,300㎞の通行止めを実施しました。緊急点検や仮復旧を実施し、翌日には緊急交通路を確保、13日後にはほぼ全線の通行止めを解除しました。

常磐道 水戸IC~那珂IC間 盛土崩壊箇所の復旧状況

被災直後の様子 2011年3月11日16時ごろ

被災直後の様子 2011年3月11日16時ごろ

応急復旧後の様子 2011年3月17日17時ごろ

応急復旧後の様子 2011年3月17日17時ごろ

台風の災害復旧活動の事例(北海道 道東地方)

2016年8月の台風10号による未曽有の豪雨災害により国道274号(日勝峠)をはじめとする幹線道路網および鉄道が寸断されるなか、道東道は復旧作業開始から24時間で通行止めを解除し、道央圏と道東圏を結ぶ唯一の陸路を確保しました。また、国道274号(日勝峠)が再開した2017年10月までの約1年2ヵ月間、代替路として無 料措置を実施したことにより、道央圏と道東圏を結ぶ交通が確保され、道民生活や道内経済を支えた功績に対し、北海道知事ほか地元経済団体から感謝状が贈呈されま した。

道東道 トマムIC~十勝清水IC間 土石流発生箇所の復旧状況

被災後の様子 2016年8月31日9時30分ごろ

被災後の様子
2016年8月31日9時30分ごろ

応急復旧後の様子 2016年9月1日7時ごろ

応急復旧後の様子
2016年9月1日7時ごろ

北海道知事からの感謝状贈呈

北海道知事からの感謝状贈呈

防災・減災対策

災害に強い道路づくり

災害に強い道路づくりとして、大規模地震発生時に被災後速やかに機能を回復するため、段差防止構造、落橋防止構造・横変位拘束構造の設置、橋脚補強や支承部の補強などの橋梁の耐震補強や、大規模地震による盛土のり面の崩落を防止するため、盛土内滞留水排除対策などを推進しています。

落橋防止構造

落橋防止構造

橋脚補強イメージ図

橋脚補強イメージ図

盛土内滞留水排除対策

盛土内滞留水排除対策

2016年4月に発生した熊本地震により、ロッキング橋脚を有する高速道路を跨ぐ跨道橋1橋が落橋したことを受け、NEXCO東日本が管理する橋梁の他、自治体などが管理する橋梁の耐震補強を進めています。

ロッキング橋脚

ロッキング橋脚

九州道を跨ぐ府領第一橋の落橋

九州道を跨ぐ府領第一橋の落橋

対策前

対策後

耐震補強の施工例

救命活動の支援

救命支援ヘリポート、緊急車両専用の入退出路の確保

災害発生時に負傷された方々の速やかな搬送や迅速な災害対策の実施のため、NEXCO東日本管内のSA・PAなどの17カ所にヘリコプターが離着陸するための「救命活動支援ヘリポート」、10カ所に「緊急車両専用の入退出路」を整備しています。また、これらの施設を使用し、関係機関などと合同で訓練も実施しています。

訓練の様子(常磐道 守谷SA(上り線))

訓練の様子(常磐道 守谷SA(上り線))

緊急退出路を通過する緊急車両(秋田道 太平山PA(上り線))

緊急退出路を通過する緊急車両
(秋田道 太平山PA(上り線))