NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

地域社会と連携し社会的課題の解決に取り組んでいます

地域社会と連携し社会的課題の解決に取り組んでいます

NEXCO東日本グループが取り組むCSR活動の姿

CSRキーワード「地域をつなぎ、地域とつながる」
グループ経営理念・経営ビジョンの実現

NEXCO東日本グループは当社が取り組むCSR活動の姿「CSR宣言」を2014年2月に策定し、経営理念および経営ビジョンの実現を目指して、「地域をつなぎ、地域とつながる」をキーワードにCSRの取り組みを進めています。

CSR宣言

NEXCO東日本グループは、経営理念および経営ビジョンの実現を目指して、「地域をつなぎ、地域とつながる」をキーワードにCSRの取り組みを進めます。

CSR推進体制

CSR推進体制

地域社会の活性化

SA・PAでの観光PRイベント開催や、地域で開催される各種イベントなどに積極的に参加しています。また、地域の方々とともに、花壇整備や美化活動を継続的に実施し交流を図るとともに、地域の支援を行っています。

小学生との花壇整備の様子

小学生との花壇整備の様子

山形花笠祭りへの参加

山形花笠祭りへの参加

交通安全の推進

高速道路交通警察隊などの協力を得て、交通安全講習会や、交通安全キャンペーンなどを実施しているほか、バス会社、レッカー会社などへの出前授業、高齢者の方などを対象とした交通安全講習会も実施しています。

高齢者への発炎筒の実演講習会

高齢者への発炎筒の実演講習会

商業施設での交通安全キャンペーン

商業施設での交通安全キャンペーン

環境保全

エコロードの整備活動やエコ体験学習を実施したり、地域の方々と協力して緑化活動やビオトープの保全作業などに取り組んでいます。

また、日本最大級の環境展示会「エコプロ2017」に出展し、高速道路における環境技術について紹介しました。

地元の高校生と連携したビオトープ保全活動

地元の高校生と連携したビオトープ保全活動

エコプロ2017出展の様子

エコプロ2017出展の様子

NEXCO東日本グループは、国連が策定した「持続可能な開発目標(SDGs)」を支持し、高速道路事業を通じて社会的課題の解決を推進することで、世界の持続可能な発展を目指しています。

子どもたちの教育支援

地元の小学校を訪問し、高速道路の役割や交通安全に関する出前授業を行っています。また、高速道路の現場を案内する親子見学会などを実施し、子どもたちの教育支援を行っています。

現場見学会の様子

現場見学会の様子

出前授業の様子

出前授業の様子

観光振興

SA・PAにおける観光・物産イベントの開催、地域観光イベントへの参加、海外旅行博でのインバウンド向け企画割引商品のPR、オリジナル観光マップの作成や地元自治体・観光協会・観光施設などと連携したスタンプラリーの実施など、地域と連携した観光振興の取り組みを行っています。

スマホスタンプラリー

スマホスタンプラリー

外国人向けパンフレット

外国人向けパンフレット

地元の社会福祉法人と連携して、障がいのある方々への雇用機会の創出等のため、休憩施設での軽作業を実施していただく「高福連携」の取り組みを行っています。これは農業と福祉とを連携する「農福連携」を参考に、障がいのある方の雇用を創出するとともに、健康・生きがいづくりの一助となることを目的とした活動で、社会福祉法人と契約して対価をお支払いするという当社初の試みです。

休憩施設での花壇の整備や雑草の除去作業1

休憩施設での花壇の整備や雑草の除去作業2

休憩施設での花壇の整備や雑草の除去作業

地方自治体との連携強化

NEXCO東日本管内の全16都道県と包括的連携協定を締結しています。これは、各自治体とNEXCO東日本が持つ資源の有効活用を推進しようとするもので、イベント・広報活動などを協力して行うことによって観光振興や高速道路の利用促進を図ることや、SA・PAなどで地域情報の発信、地域産品のPRおよび地産地消の促進の取り組みなどを行っています。

防災・災害対策の面でも相互に協力することによって高速道路における安全・安心を確保したり、環境保全推進の取り組みの実施、インフラ管理のための土木技術の連携を行ったりするなど、幅広い分野で地域との連携を強化しています。

SAの防災拠点化

東日本大震災において、高速道路のSAが自衛隊や消防などの集結拠点や中継拠点として活用されたことを受けて、災害発生時に関係機関が災害救助活動を効果的に行うために、自家発電設備や井戸などのライフラインのバックアップや、共同の災害対策室として活用できる機能を備えたSAを整備しています。

関係機関などと合同で防災訓練なども実施しています。

合同防災訓練の様子(常磐道 守谷SA(上り線))

合同防災訓練の様子(常磐道 守谷SA(上り線))

震災復興支援

東北のさらなる復興を願い東北6県を代表する祭りが集結する「東北絆まつり」への協賛や、東日本大震災の被災地の菓子や加工品などの特産品を集めた物産市の開催など、復興支援に取り組んでいます。

東北絆まつり

東北絆まつり

SA・PAでの被災地特産物の販売

SA・PAでの被災地特産物の販売

VOICE

サービスエリア事業本部 サービスエリア事業統括課 課長代理 小熊 彩子

サービスエリア事業本部
サービスエリア事業統括課 課長代理
小熊 彩子

東北地方をはじめとする各地では大きな被害を受けましたが、東日本地域には豊かな食材や加工品、銘菓などの特産品が数多くあります。

サービスエリア事業本部ではグループ一丸となり、地元の食材を活用した「新メニューコンテスト」や、各地のお土産品を取り揃える「地域産品応援フェア」などさまざまなイベントを開催し、東北地方に限らず、首都圏の主要なSA・PAでも地域の魅力を発信しています。

また、常磐道の四倉PA(上り線)に新たな商業施設を設置するなど、SA・PAの利便性向上にも取り組んでいます。

今後も、多くのお客さまが立ち寄られるSA・PAの特性を最大限に活用し、復興に貢献してまいります。