NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

【特集02】
首都圏の高速道路ネットワーク整備によるさまざまな効果

もっと便利に!つながる圏央道・外環道

首都圏を囲む3つの環状道路のうち、2017年2月に境古河IC~つくば中央IC間が開通した圏央道に続き、2018年6月には東京外かく環状道路の三郷南IC~高谷JCT間が開通。首都圏の高速道路ネットワーク整備がさらに進みました。

首都圏における外環道の整備

都心から半径約15㎞のエリアを結ぶ延長約85㎞の東京外かく環状道路の整備により、都心の円滑なネットワークの実現が期待されています。今回の三郷南IC~高谷JCT間の開通により、都心の交通円滑化や物流の生産性向上、沿道地域の渋滞緩和・生活道路の安全性向上、さらには広域的な観光交流の促進が期待されています。

東京外かく環状道路(三郷南IC~高谷JCT)の歩み

開通した区間は、1969年に都市計画決定がなされたものの、生活環境の悪化等を懸念する声から、計画調整が難航しました。1996年に高架式で整備予定だった道路を掘割式に変更した上で事業に着手し、都市計画決定から約50年を経た2018年6月に開通を迎えました。

【当初計画案(高架構造)】

当初計画案(高架構造)

昭和44年当初計画

【変更後(掘割構造)】

変更後(掘割構造)

周辺環境に配慮した構造

1969年当初、高架構造で都市計画決定した事業計画に対し、生活環境の悪化等を懸念する声が上がりました。当時の懸念は、「自動車による生活環境の悪化」、「道路建設による地域の分断」、「市内に残された緑地の保全」にあり、このような懸念を踏まえ、1987年にルートおよび構造の再検討案を提示しました。

再検討案では、景観や日照等に配慮した掘割構造を採用しました。また、沿道環境に配慮して本線両側に幅16mの環境保全空間を配置しました。

整備に向けたさまざまな取り組み

地元の方々との合意形成

地元の方々の声に対して、真摯かつ適切に対応した取り組みを沿線自治体の協力を得ながら進めました。

[広報・広聴活動]
地域イベントで「外かん」の広報活動を行うと同時にアンケートを実施しました。
[相談窓口や広報誌による情報提供]
事業進捗や工事に関する相談窓口として3箇所の相談所を設置するとともに、広報誌を発行しました。
[環境保全空間の検討]
千葉外かん環境保全空間整備検討会や地区検討会を開催しました。

広報誌「みどりの道」

緑地保全対策
  • 環境影響評価(アセス)時の意見を踏まえ、工事のために樹木が一時撤去される緑地等については、市民・専門家を含めた検討会等に基づき復元を実施しました。
  • 小塚山公園(市川市北国分)通過区間については、緑をできる限り残すこととし、非開削工法のトンネル構造を採用しました。

小塚山地区の緑地保全イメージ

小塚山公園の下を通過する外環道

横断歩道橋(9橋)の名称

横断歩道橋(9橋)の名称

地域連携の取り組み
  • より安全な通学路を確保するため、29橋の歩道橋を整備しました。
  • 地元の方が親しみをもって利用していただくため、9橋を対象に地元小学生が名称を命名しました。

矢切っ子歩道橋全景(松戸市下矢切)2016年10月撮影

多様な施工技術
  • 市街地を通る路線のため、各交差道路には電気・ガス・水道等のライフラインが設置されており、道路の迂回にあわせて約2,000件もの移設を実施しました。
  • 鉄道との交差箇所も6箇所あり、運行に影響を及ぼさないように安全確実かつ合理的な工法を採用しました。
  • 道路・河川との交差についても、さまざまな工法を駆使しながら工事を進めました。

防災・安全に対する取り組み

千葉県区間では先進的な取り組みを駆使し、道路の安全性を高めています。

本線部での安全対策
  • 道路情報監視カメラにより高速道路本線を全線監視しています。
  • 画像処理により事故や落下物等を自動検知し、機動的な管理体制に移行します。

京葉ジャンクションでの安全対策
  • 各ランプトンネルの設備を増強して設置しています。
  • 災害時の避難手段として、独立避難通路を配置しています。
  • 非常口の場所も分かりやすく表示しています。

【避難誘導設備】

【シールド部イメージ図】

トンネル入口での安全対策

車両進入抑制対策として、「トンネル入口情報板(強調表示)」、「警告灯付き照明」、「信号表示灯(京葉JCTのみ)」を実施しています。

【本線部(設置イメージ)】

【警告灯付き照明(通常時)】

【警告灯付き照明(非常時)】