道路建設事業への取り組み

高速道路の整備・強化と4車線化の推進によるネットワーク機能の充実

代表取締役兼専務執行役員 建設事業本部長 森 昌文の写真
代表取締役兼専務執行役員
建設事業本部長
森 昌文

 建設事業本部では、持続可能でより良い社会を目指し、高速道路ネットワーク整備と、さらなる機能向上を図る道路建設事業を展開しています。

 高速道路ネットワークは着実に整備されてきましたが、未だ首都圏を始めとするミッシングリンクが残されており、安全を第一に最新の技術でネットワークの完成に向けて事業を推進しています。
 また、完成した高速道路ネットワークにおいても安全性、時間信頼性、リダンダンシー確保などの観点から、さらなる機能向上を図ることが求められており、2019年9月に策定された『高速道路における安全・安心計画』を踏まえた、暫定2車線区間の4車線化および付加車線の設置を計画的に進めてまいります。
 さらに、地域生活の充実、地域経済の活性化、地域とのアクセス強化を推進するため、地方自治体などと連携し、スマートICや休憩施設の整備についても取り組んでいます。

 今後も安全を最優先に、品質を追求し新たなICT技術の積極的な活用などにより、生産性の向上やライフサイクルコストを考慮した信頼される道路づくりに努めてまいります。