NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

東北自動車道 ボックスカルバートの目地材の落下について

東北自動車道 ボックスカルバートの目地材の落下について

平成20年6月10日
東日本高速道路株式会社
東北支社

NEXCO東日本東北支社(仙台市青葉区、支社長:鹿島幹男)が管理する東北自動車道のボックスカルバートで天井部のコンクリート打ち継ぎ目の目地材が落下し、ボックス内の道路で発見されました。これによるけが人や、道路への被害はありませんでした。

当社では、この事象の発生を受け、東北支社管内の道路として交差するボックスカルバート約3,200箇所全てにおいて緊急点検を実施中です。

1 通報日時

6月5日(木)18時40分に、当社のお客さまセンターに通報いただき、当社社員が現地を確認した結果、ボックスカルバートの目地材が落下しているのを確認し回収いたしました。

その後、当該ボックスカルバートの緊急点検を実施し安全を確認しました。

2 発生場所

東北自動車道 ボックスカルバート 花巻86 (開通年月日 昭和52年11月19日)
(紫波インターチェンジ ~ 盛岡南インターチェンジ間の県道不動盛岡線との交差部)
地先名:岩手県紫波郡矢巾町南矢巾第1地割字上程島

3 落下していた物

目地材・・・ 約60cm×約30cm×2.3cm  重量約3kg (落下高さ4.5m)
(アスファルトに木質等繊維質を配合し板状にしたもの)

4 落下原因

現在調査中

5 当該個所の点検履歴

目視点検 2008年5月30日

6 対応状況

東北支社管内の道路として交差するボックスカルバート約3,200箇所の緊急点検を実施中です。

なお、ボックスカルバートについては、毎年4月5月に定期点検を実施しており、今年度の点検で目地材のずれが確認されていたボックスカルバートについては、6月8日までに目地材の撤去を実施しました。

参考資料
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。