NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

高速道路における冬タイヤ装着状況調査の結果について

高速道路における冬タイヤ装着状況調査の結果について
- 平成20年11月17日実施分 -

平成20年11月19日
東日本高速道路株式会社
東北支社

NEXCO東日本東北支社(仙台市青葉区、支社長:鹿島幹男)では、冬タイヤの装着状況を把握し、お客さまに早めの装着をお願いするため、高速道路の主要なインターチェンジ(IC)において、初冬期における冬タイヤの装着状況調査を実施しています。

11月17日に実施した調査の結果は、下表のとおりです。

前回調査(11月10日実施)と比較すると冬タイヤ装着率が高くなっておりますが、昨年同時期と比較しますと、全体的に装着率が低い結果となっております。

東北地方はこれから本格的な雪の季節を迎え、山間部のみならず平野部の道路でも積雪の可能性が高くなってきます。是非とも早めの冬タイヤの装着で、安全なドライブをお願いします。

次回の調査は、11月25日の予定です。

調査箇所 冬タイヤ装着率 【参考】
昨年同時期
(11月19日)
今回調査
(11月17日)
前回調査
(11月10日)
東北道 青森IC 67% 58% 100%
東北道 十和田IC 75% 43% 98%
八戸道 八戸IC 60% 47% 85%
秋田道 秋田南IC 70% 31% 96%
秋田道 横手IC 82% 47% 100%
東北道 盛岡南IC 49% 27% 86%
東北道 北上江釣子IC 50% 24% 88%
東北道 古川IC 17% 11% 90%
東北道 仙台宮城IC 36% 5% 35%
山形道 山形北IC 35% 23% 75%
山形道 鶴岡IC 72% 30% 88%
東北道 福島飯坂IC 20% 15% 50%
東北道 郡山IC 23% 22% 31%
磐越道 会津若松IC 28% 8% 63%
常磐道 いわき中央IC 22% 8% 6%
東北支社全体 43% 23% 69%
  • 調査方法:料金所を通過する車両のタイヤ種別を目視にて調査。
    (1回当たり:約100台もしくは30~60分間)