NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

高速道路における冬タイヤ装着状況調査の結果について

高速道路における冬タイヤ装着状況調査の結果について
- 平成20年12月1日実施分 -

平成20年12月3日
東日本高速道路株式会社
東北支社

NEXCO東日本東北支社(仙台市青葉区、支社長:鹿島幹男)では、冬タイヤの装着状況を把握し、お客さまに早めの装着をお願いするため、高速道路の主要なインターチェンジ(IC)において、初冬期における冬タイヤの装着状況調査を実施しています。

12月1日に実施した調査の結果は、下表のとおりでした。

現在の冬タイヤ装着率は北東北で約100%、南東北でも降雪量が少ない、いわき中央ICを除いて約80%となり、概ね冬道への備えが整った状況となりました。まだ冬タイヤを装着していない方は、是非とも早めの装着をお願いします。

なお、今回をもって初冬期における冬タイヤの装着状況調査は終了となります。

調査箇所 冬タイヤ装着率 【参考】
昨年同時期
(12月3日)
今回調査
(12月1日)
前回調査
(11月25日)
東北道 青森IC - 100% 100%
東北道 十和田IC 95% 93% 100%
八戸道 八戸IC 93% 92% 100%
秋田道 秋田南IC 99% 95% 100%
秋田道 横手IC - 100%

100%

東北道 盛岡南IC 91% 90% 100%
東北道 北上江釣子IC - 100% 100%
東北道 古川IC 91% 72% 92%
東北道 仙台宮城IC 87% 74% 97%
山形道 山形北IC 96% 98% 100%
山形道 鶴岡IC 100% 96% 100%
東北道 福島飯坂IC 75% 67% 85%
東北道 郡山IC 65% 73% 64%
磐越道 会津若松IC 93% 79% 100%
常磐道 いわき中央IC 32% 31% 35%
東北全体 85% 81% 88%
  • 調査方法:料金所を通過する車両のタイヤ種別を目視にて調査。
    (1回当たり:約100台もしくは30~60分間)
  • 青森IC・横手IC・北上江釣子ICについては、前回調査で装着率100%を達成したため今回調査は行っておりません。
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。