NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

高速道路料金引下げ(休日上限1,000円)前後の交通状況やお客さまの声

高速道路料金引下げ(休日上限1,000円)前後の交通状況やお客さまの声
~ 各地方の高速道路(3月28日からの割引開始後の状況) ~

平成21年4月2日
東日本高速道路株式会社

平成21年3月28日(土)から、高速道路料金の引下げが全国的に始まりました。このたびNEXCO東日本(東京都千代田区、代表取締役会長:八木重二郎)では、料金引下げ後の28日(土)から29日(日)までの間の交通状況などをとりまとめました。

1 交通量(速報)の状況

  • 3月28日(土)、29日(日)ともに、昨年より気温は低めとなったものの概ね天候にも恵まれたことや、東京湾アクアラインなどの20日(金・祝)からの割引開始の模様がマスコミなどで報道された効果もあり、管内の調査地点の断面交通量は、昨年同時期に比較し、概ね1割~4割程度増加しました。
【管内23調査地点の断面交通量】
交通量対前年比の分布と23地点平均
注)
  • 交通量は、ETC車以外も含む全車種合計の断面交通量(トラフィックカウンター[道路に備え付けられている交通量(概数)の自動計測装置]による速報値)
  • 23調査地点の詳細は別添参考資料【PDF:19KB】PDFへリンク参照
  • 前年:平成20年3月29日(土)及び30日(日)、本年:平成21年3月28日(土)及び29日(日)

2 渋滞の発生状況

  • 3月28日(土)、29日(日)ともに、交通量は対前年比で増加したものの、渋滞発生回数は少なくなりました。
  • この要因として、割引の時間帯限定がなくなったことによる交通分散や、各種渋滞対策の効果などが考えられます。
【渋滞回数】
渋滞長 割引前(前年) 割引後
H20.3.29
(土)
H20.3.30
(日)
土日合計 H21.3.28
(土)
H21.3.29
(日)
土日合計
5km以上の渋滞 19回 18回 37回 9回 9回 18回
対前年       47% 50% 49%
【最大渋滞長の発生状況】
区分 上下線 道路名 渋滞日時
(ピーク)
渋滞発生箇所 最大
渋滞長
渋滞要因
前年 上り線 関越
自動車道
平成20年
3月30日(日)
18時頃
花園IC付近 32.2km 交通集中
上り線 関越
自動車道
平成20年
3月30日(日)
18時頃
川越IC付近 24.3km 事故
上り線 常磐
自動車道
平成20年
3月30日(日)
18時頃
流山IC付近 22.9km 事故
上り線 東北
自動車道
平成20年
3月30日(日)
18時頃
羽生PA付近 21.4km 事故
下り線 関越
自動車道
平成20年
3月29日(土)
8時頃
高坂SA付近 20.6km 交通集中
当日 上り線 関越
自動車道
平成21年
3月29日(日)
19時頃
花園IC付近 28.6km 交通集中・
事故
上り線 東北
自動車道
平成21年
3月29日(日)
18時頃
上河内SA付近 26.4km 交通集中・
事故
上り線 常磐
自動車道
平成21年
3月29日(日)
18時頃
三郷TB付近 24.2km 交通集中・
事故
上り線 東京湾
アクアライン
平成21年
3月29日(日)
18時頃
川崎浮島
JCT付近
20.5km 交通集中・
事故
下り線 関越
自動車道
平成21年
3月28日(土)
7時頃
高坂SA付近 15.0km 交通集中

3 ETC利用率の状況

  • ETC利用率は、前週・前々週の土日に比べ3%程度の増加となりました。
【3月土日のETC利用率】
 
上段:H20


下段:H21
第一週
3/1(土)
2(日)

2/28(土)
1(日)
第二週
3/8(土)
9(日)

3/7(土)
8(日)
第三週
3/15(土)
16(日)

3/14(土)
15(日)
第四週
3/22(土)
23(日)

3/21(土)
22(日)※
第五週
3/29(土)
30(日)

3/28(土)
29(日)
平成20年 66.0% 65.8% 65.5% 64.9% 64.5%
平成21年 72.1% 72.7% 72.6% 72.8% 75.9%
注)
  • ETC利用率は利用台数による速報値
  • 平成21年3月20(金・祝)、3月21日(土)、3月22日(日)は三連休
【ETC利用率】
ETC利用率

4 サービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)でのお客さまアンケート調査結果

3月28日の割引開始にあわせ、今回の高速道路の料金割引に関して、管内8箇所の休憩施設においてお客さまへのアンケート調査をいたしました。1,047名のお客さまにご協力いただきました。
  • 3月28日(土)からの地方部の高速道路の割引(休日上限1,000円)について、殆んどのお客さまがご存知でした。
  • また、大半のお客さまが、今回の割引が始まったことによって高速道路の利用を増やしたいとの意向をお持ちでした。
【アンケート調査結果】

(1)今回の割引に関する意識

今回の割引に関する意識

(2)主なご意見

いただいた主な自由意見(455件)を5項目(その他含む)に分類、各構成比率は以下の通りです。

主なご意見
なお、各項目の主な意見は以下の通りです。
1.割引を歓迎するご意見 (70件、15%)
  • とても良いことだと思います、経済効果が大きいと思います(長者原SA)
  • 夫婦でよく旅行、割引はありがたい(黒埼PA)
  • 割引きを使って色々なところへ行きたい(輪厚PA)
2.割引内容などに関するご要望など (309件、68%)
  • 割引期間の延長に関するご要望(85件)
  • 平日に同様の割引導入を期待するご意見(53件)
  • 乗継ぎ料金の是正、大都市近郊区間の値下げに関するご要望など(34件)
  • 車載器が入手しにくくなっているなどのご指摘(29件)
  • 現金車への同様の割引を期待するご意見(26件)
  • 制度や料金が分かりにくいとのご指摘(24件)
  • 更なる割引を期待されるご意見(16件)
  • 割引車種拡大を期待するご意見(10件)
  • ETCレーンやスマートインターチェンジ増設のご要望(7件)
3.割引に対して慎重なご意見 (39件、9%)
  • 混雑がひどくなりそう、多少高くても空いている方が良い(高坂SA)
  • 混雑してきているので何か対策が必要ではないか(安達太良SA)
  • タダだと交通量が増えるので千円くらいが適度(輪厚PA)
4.割引に反対するご意見 (5件、1%)
  • 便利になって良いが税金を入れてというのは良くない(蓮田SA)
  • 割引はやめてJR・バスなど公共交通機関に補助を出し料金を安くすべき(長者原SA)
(調査概要)
  • 平成21年3月28日(土)~29日(日)
  • SA・PA計8箇所における対面聞き取り調査
  • 1,047名のお客さまにご協力いただきました
道路名 施設名 場所 道路名 施設名 場所
道央道 砂川SA 北海道砂川市 東北道 蓮田SA 埼玉県蓮田市
道央道 輪厚PA 北海道北広島市 常磐道 守谷SA 茨城県守谷市
東北道 長者原SA 宮城県大崎市 関越道 高坂SA 埼玉県東松山市
東北道 安達太良SA 福島県本宮市 北陸道 黒埼PA 新潟県新潟市

5 周辺観光施設などの入込み状況などについて

3月28日からの高速道路の料金割引前後における、各地の観光・レジャー施設などへの入込み客数などのアンケート調査をいたしました。

  • ご回答いただいた施設の4割強で、ご利用のお客さまが増加又は大幅な増加傾向にあったとのご回答をいただきました。
  • また、今後GWへ向けて割引による効果を期待する施設も多いようです。
  • なお、この週末は3月末としては気温が低い傾向にあったこともあり、料金引下げによる効果は分からないとされるご回答もありました
【アンケート調査結果】
No 入込客数の状況 回答施設数 構成率
1 大幅増加 7 45%
2 増加傾向 19
3 変わらない 21 36%
4 減少傾向 10 19%
5 大幅減少 1
合計 58 100%
(各観光施設より頂いたご意見)
  • 北海道の観光施設
    『初めて来園される方々が結構多く、温泉や土産店などの問合せがあった』
  • 秋田県の観光施設
    『イベントの集客に大きく左右されるのでオンシーズンに入るGWくらいからでないと効果が数字に反映されにくいと思われる』
  • 岩手県のスキー場
    『道路状態の問合せが増え、当日のアンケート調査では約65%が今回の料金引下げを意識しての来場との回答があった』
  • 福島県内の観光施設
    『高速道路料金が値下げになったので来たとの声が複数あった』
  • 新潟県の観光施設
    『全くあてもなく日帰り可能な距離内を走ってここまで来たという方も多く見受けられた』
  • 茨城県のレジャー施設
    『屋外施設は天候や気温に大きく左右されるため、今回の割引による効果があったかどうかについては一概に言えません』

【参考:主要観光地近傍のインターチェンジ交通量(速報値)、対前年比】

参考:主要観光地近傍のインターチェンジ交通量(速報値)、対前年比
  • 前年:平成20年3月29日(土)及び30日(日)、本年:平成21年3月28日(土)及び29日(日)
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。