NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

年末年始の高速道路等の渋滞予測について 【首都圏版】

年末年始の高速道路等の渋滞予測について 【首都圏版】
下り線のピークは、分散傾向
上り線のピークは、1月2日(水)~3日(木)

平成19年11月30日
東日本高速道路(株)関 東 支社
中日本高速道路(株)横 浜 支社
中日本高速道路(株)八王子支社

NEXCO東日本関東支社及びNEXCO中日本横浜支社・八王子支社では、年末年始時期[平成19年12月26日(水)~平成20年1月8日(火)の14日間]に関東甲信地方及び静岡県内の高速道路等で発生が予測される交通集中による渋滞(10km以上)の傾向などをとりまとめましたのでお知らせします。

渋滞のピークが予測される時間帯を参考に出発時間を調整するなど、ゆとりのある旅行計画づくりにご活用下さい。更に、高速道路を安全で快適にご利用いただけるよう冬装備も万全にお願い致します。

また、ETCをご利用いただくと、時間帯割引、社会実験割引(東名高速道路、中央自動車道、関越自動車道等)などの各種割引や、スマートインターチェンジをご利用いただけます。

(詳しくは、 http://www.driveplaza.com/traffic/tolls_etc/外部リンク:別ウィンドウ表示  又は http://www.c-nexco.co.jp/etc/外部リンク:別ウィンドウ表示  をご覧下さい)

なお、ETCレーンでは、十分な車間距離をとり、時速20km以下の安全な速度で走行願います。

1 渋滞予測について

< 渋滞発生の傾向 >

今回は、下り線の渋滞は分散傾向、上り線は1月2日(水)~3日(木)に渋滞が集中すると予測されます。

下りのグラフ上りのグラフ
【特に長い渋滞の予測】(方面別に予測渋滞長の上位4つ)
方面 ピーク時の
月・日・曜日
ピーク
時間
道路名 渋滞の先頭(所在地) ピーク時の
渋滞長
下り 12月30日(日) 7時 関越自動車道 高坂SA付近 埼玉県坂戸市 15km
12月30日(日) 12時 東名高速道路 大和TN付近 神奈川県大和市 15km
12月31日(月) 11時 東名高速道路 大和TN付近 神奈川県大和市 15km
1月2日(水) 12時 東名高速道路 大和TN付近 神奈川県大和市 15km
上り 1月2日(水) 12時 中央自動車道 高井戸出口付近 東京都杉並区 25km
1月2日(水) 17時 東名高速道路 大和TN付近 神奈川県大和市 30km
1月3日(木) 16時 東名高速道路 大和TN付近 神奈川県大和市 25km
1月4日(金) 18時 東名高速道路 大和TN付近 神奈川県大和市 30km

2 道路交通情報の入手方法

リアルタイムな道路交通情報や渋滞予測情報の入手方法についてお知らせします。
旅行計画段階、旅行出発前、走行中及び休憩中などの状況に応じて、適宜ご利用ください。

※自動車走行中のドライバーの携帯電話の使用は禁止されています。運転中の携帯電話のご利用は、同乗者が行うか、サービスエリア等で休憩されている時にお願いします。

(1)渋滞予測情報

NEXCOの各ホームページ又は携帯WEBサイトで、全国の高速道路の渋滞予測箇所や渋滞予測を見込んだ旅行時間予測情報などが検索できます。

【携帯WEBサイトへのアクセス方法】(iモード、Yahoo!ケータイ、EZweb)

NEXCO東日本:ドラぷら

【QRコード】

QRコードに対応した携帯電話の場合、右のQRコードを読みとることでアドレスを取得出来ます。

NEXCO中日本:高速日和

【QRコード】

QRコードに対応した携帯電話の場合、右のQRコードを読みとることでアドレスを取得出来ます。

ハイウェイドラなび

【QRコード】

QRコードに対応した携帯電話の場合、右のQRコードを読みとることでアドレスを取得出来ます。

  • 「ハイウェイドラなび」は平成20年1月31日を持ちまして終了とさせていただきます。長らくのご愛顧誠に有難うございました。
(2)渋滞ポイントマップ

「ドラぷら」内の『渋滞ポイントマップ』にアクセスしていただくと、関越自動車道、東北自動車道、常磐自動車道等の「主要な渋滞ポイント」や「渋滞発生のメカニズム」等がご覧になれます。

(3)中央道すいすいドライブ

「中央道すいすいドライブ」にアクセスすると、中央道の渋滞回避に役立つ情報がご覧になれます。

(4)携帯WEBサイト「目で見るハイウェイテレホン」

「目で見るハイウェイテレホン」(iモード、Yahoo!ケータイ、EZweb)により、ハイウェイテレホンでお知らせしている東名高速道路、中央自動車道、中部横断自動車道、長野自動車道、小田原厚木道路、西湘バイパス、箱根新道の道路交通情報(通行止・渋滞・事故・気象等)を「文字情報」としてご確認頂けます。

また、該当するハイウェイテレホンに電話を掛けることができます。

【アクセス方法】

目で見るハイウェイテレホン
  • [アドレス http://www.yokohama1620-c-nexco.jp/main/index.shtml]

【QRコード】

QRコードに対応した携帯電話の場合、右のQRコードを読みとることでアドレスを取得出来ます。

(5)ハイウェイテレホン

リアルタイムな主要道路の道路交通情報(5分更新)を24時間入手できます。

【アクセス方法】

  1. 携帯電話や固定電話から直接ダイヤル
    こちら【PDF:88KB】PDFへリンクをご覧ください。
  2. 携帯WEBサイト
    上記(1)、(4)携帯WEBサイトで路線などを選択して、電話を掛けることができます。
(6)ハイウェイFAX

ダイヤル後、操作案内に従い操作すると、渋滞予測情報やリアルタイムな主要道路の交通情報(5分更新)を24時間入手できます。

【アクセス方法】

  1. FAX機能のある電話から直接ダイヤル
    こちら【PDF:88KB】PDFへリンクをご覧ください。
(7)NEXCOへの電話によるお問い合わせ(24時間対応します)

道路交通情報、高速料金やETC割引などのお問い合わせを承ります。

【アクセス方法】

  1. NEXCO東日本お客さまセンター  0570-024-024
    (PHS・IP電話からは 03-5338-7524)
  2. NEXCO中日本ハイウェイガイド  0570-090333
    (PHS・IP電話からは 052-223-0333)
(8)日本道路交通情報センター(JARTIC)の道路交通情報

電話及びインターネットで道路交通情報を入手できます。

【アクセス方法】

  1. 携帯電話や固定電話から直接ダイヤル
    こちら【PDF:88KB】PDFへリンクをご覧ください。
  2. アドレスの直接入力
(9)リーフレット(渋滞予測ガイド)

高速道路の各サービスエリアのインフォメーションや、各社の料金所事務室などでお配りしています。また、上記(1)のインターネットからもご覧いただけます。

(10)高速道路を走行中または休憩中に入手できる道路交通情報
  1. 道路情報板
  2. ハイウェイラジオ(1620kHz)
    ハイウェイラジオを放送している区間は、高速道路上の標識によりご案内しております。
  3. VICS
    VICS対応のカーナビゲーション等で入手できます。
  4. ハイウェイ情報ターミナル(サービスエリア等に設置)
    テレビ画面等により、広域の道路情報を分かりやすくお知らせしています。
    情報ターミナルのある休憩施設は下表のとおりです。
    道路名 休憩施設
    東名高速道路 港北PA・海老名SA・中井PA・鮎沢PA・足柄SA・駒門PA・愛鷹PA・富士川SA・日本平PA・日本坂PA・牧之原SA・浜名湖SA(いずれも上下)
    中央自動車道 石川PA(上下)・藤野PA(上)・談合坂SA(上下)・双葉SA(上下)・諏訪湖SA(上下)
    長野自動車道 梓川SA・姨捨SA(いずれも上下)
    関越自動車道 三芳PA・高坂SA・上里SA・赤城高原SA(いずれも上下)
    上信越自動車道 藤岡PA(上)・横川SA(上下)・東部湯の丸SA(上下)・松代PA(上)
    東北自動車道 蓮田SA・羽生PA・佐野SA・大谷PA・上河内SA・那須高原SA(いずれも上下)
    常磐自動車道 守谷SA・友部SA・中郷SA(いずれも上下)
    東関東自動車道 湾岸幕張PA・酒々井PA(いずれも上下)
    東京外環自動車道 新倉PA
    館山自動車道 市原SA(上下)・君津PA(上)
    京葉道路 幕張PA(上下)
    千葉東金道路 野呂PA(上)
    東京湾アクアライン 海ほたるPA
    第三京浜道路 都筑PA(上)・保土ヶ谷PA(下)
    横浜新道 戸塚PA(上)
    横浜横須賀道路 横須賀PA(上)
    小田原厚木道路 大磯PA(上)
  5. その他
    サービスエリアのインフォメーション、料金所、案内看板などで交通情報を入手できます。

3 お客さまへのお願い

この時期、高速道路やサービスエリアなどは大変混雑します。
渋滞を避け、安全なご旅行のために、ぜひお客さまには次の事項についてご確認をお願いします。

(1)旅行計画には
  • 渋滞予測情報をご活用ください
     渋滞予測情報を基に、出発時間を渋滞のピークが予測される時間帯の前後にずらせば、渋滞を避けて移動ができます。
  • ETC時間帯割引のご利用をご検討ください
     深夜・早朝など、渋滞を避けてETC時間帯割引をご利用されると、お得な旅がお楽しみいただけます。
     詳しくは、インターネット[アドレス  http://www.driveplaza.com/traffic/tolls_etc/外部リンク:別ウィンドウ表示   又は  http://www.c-nexco.co.jp/etc/外部リンク:別ウィンドウ表示 ]をご覧下さい。
  • 給油やトイレはお早目にお願いします
     給油やトイレは混雑が予想されます。
     なるべく高速道路のご利用前や渋滞区間の手前などで、早目にお済ませください。
(2)安全な旅行のために
  • 走行中の故障トラブルを防ぐため、走行前に車の点検をお願いします
     高速道路上での故障トラブルは、事故や渋滞の原因となります。故障トラブルの大半が、走行前の基本的な車両点検で防げるものです。特に、燃料、タイヤ、オイル、冷却水の点検を忘れずにお願いします。
  • 適度な休憩をお取りください
     夜間運転や長時間運転は疲れやすくなります。サービスエリアなどを利用して適度な休憩をとり、安全運転を心掛けてください。
    また、最近サービスエリアなどから進入方向を間違えるなど、高速道路本線を逆走して事故に至るケースが発生していますので十分注意してください。
  • 飲酒運転は絶対にしない、させない
     飲酒運転は、死亡事故等の重大事故につながる極めて悪質・危険な運転行為です。皆様一人ひとりが、「飲酒運転は絶対にしない、させない」ことを徹底し、飲酒運転による悲惨な事故をなくしましょう。
  • 後部座席でもシートベルトを着用ください
     シートベルトは命綱、衝突時の身体への衝撃を和らげてくれます。
     後部座席でも衝撃緩和のためにシートベルトの着用をお願いします。
  • 渋滞後尾での追突事故にご注意ください
     渋滞が発生すると、渋滞の車列の中や渋滞の後尾での追突事故が多く発生しています。
     わき見をせず、渋滞後尾ではハザードランプで後続車に合図をするなど、追突事故防止に心掛けてください。
  • 冬装備を万全にお願いします
     高速道路では、局地的に降雪したり、天候が急変したりする場合がありますので、冬用タイヤの装着やタイヤチェーンなどの滑り止め装置の携行をお願いします。
    つきましては冬の高速道路を安全で快適にご利用いただけるようホームページなどを通じて雪に関する情報を提供しています。
(3)ETCご利用のお客様のために
  • ETCカードは確実に挿入してください
     ETCカードの挿し忘れや不完全な挿入の状態でのご利用は、開閉バーの未作動の原因となり非常に危険です。確実に車載器へETCカードを挿入したことを確認してご利用ください。
    また、ETCカードにはクレジットカードと同様に有効期限があります。有効期限が切れているカードはご利用できませんのでご注意ください。
  • ETCレーンは、十分に速度を落としてご利用ください
     ETCレーンには、前車と十分な車間距離をとった上で、時速20km/h以下に減速して進入し、ETCレーン内は徐行して、安全に停止することができる速度で、開閉バーが開いたことを確認してご通行ください。
(4)もし事故や故障のときは
  • すみやかに安全な場所へ避難してください
     交通事故や故障により停止した場合、道路上にとどまることは非常に危険です。
     おちついて、安全のために次の行動をお願いします。
  1. ハザードランプや三角停止表示板、発炎筒などで後続車に危険を知らせる。
  2. 通行車両に注意しながら、すみやかにガードレールの外などの安全な場所に避難する。
  3. 「非常電話」等で状況を通報し、指示に従い安全な場所でお待ちください。
(5)道路の異状を発見したら
  • 非常電話、又は道路緊急ダイヤル『#9910』でお知らせください
     車両の通行に支障となる道路の穴ぼこや落下物などの緊急事態を発見したら、お近くの非常電話、又は道路緊急ダイヤル「#9910」で通報をお願いします。
     「#9910」は、固定電話(NTT)、携帯電話(NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル)、PHS(ウィルコム、NTTドコモ)から通報が可能です。
    • 自動車走行中のドライバーの携帯電話の使用は禁止されています。運転中の携帯電話のご利用は、同乗者が行うか、安全な場所に停止してからお願いします。
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。