NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

国道468号 圏央道 鶴ヶ島JCT~川島IC開通3ヶ月後の交通状況についてお知らせします。

国道468号 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)鶴ヶ島JCT~川島IC開通3ヶ月後の交通状況についてお知らせします。

平成20年8月8日
国土交通省 関東地方整備局 大宮国道事務所
東日本高速道路株式会社 関東支社 さいたま工事事務所

平成20年3月29日に開通しました首都圏中央連絡自動車道(圏央道)鶴ヶ島ジャンクション(JCT)から川島インターチェンジ(IC)までの7.7kmについて、開通3ヶ月後の交通状況をお知らせします。

  • 鶴ヶ島JCT~坂戸IC間:約6,300台/日
  • 坂戸IC~川島IC間:約5,500台/日(平成20年3月30日(日)~6月30日(月)の日平均交通量)
  • 川島ICから関越道大泉JCTまでの移動時間が約15分短縮
  • 川島ICから中央道八王子JCTまでの移動時間が約35分短縮
  • 国道407号市役所入口交差点(鶴ヶ島市)の交通量が、約2,600台/12時間(14%)減少しています。
  • 国道16号、407号、周辺県道では、大型車交通量が減少しています。

今回の記者発表は現状をお知らせしたものです。

開通による整備効果は、今後も引き続き、調査・検証していきます。

参考

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。