NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

(第3報)首都圏中央連絡自動車道 日の出ICの災害に伴うランプ閉鎖について

(第3報)
首都圏中央連絡自動車道 日の出ICの災害に伴うランプ閉鎖について

平成23年9月5日 17時00分現在
東日本高速道路株式会社 関東支社

NEXCO東日本 関東支社(東京都台東区)は、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)日の出ICのCランプ(外回りへの流入ランプ)を9月4日(日)21時23分から閉鎖するとともに走行車線規制を実施しております。

この閉鎖は、当該ランプから高速道路本線へ流入する際の加速車線脇の、切土のり面の表層が崩落したために実施しているものです。

現在、崩れた土砂の撤去作業を終え、土砂の崩落を防止するための工事を実施しており、早期復旧に向け、夜間も継続して工事を行います。

なお、この崩落によるお客さまへの人的・物的被害は発生しておりません。

今後の復旧状況等の新たな情報については、逐次提供いたします。

【現時点で確認されている崩落の概要】

崩落場所:
圏央道 日の出IC Cランプ(外回りへの流入ランプ)の加速車線部(東京都西多摩郡日の出町)

崩落概要:
幅約10m×高さ約10mの崩落:1か所
幅約20m×高さ約10mの崩落:1か所 計2か所

交通規制:
Cランプの閉鎖及びその付近の高速道路本線(外回り)の走行車線規制
(高速道路本線の通行止めはありません)

(9月5日9時頃撮影)崩れた土砂の撤去作業を実施⇒(9月5日午後4時頃撮影)大型土のう設置による崩落止めを実施中