効果1 日本の大動脈が直結、日本経済を支援
  • 日本の経済活動の根幹を担う大動脈である東名高速・中央道・関越道・東北道が直結し、新たなネットワークが形成され、日本経済の循環を支えます。
  • 関西・中部方面〜東北方面間の輸送は混雑する東京都心を通過せずに圏央道経由のルートが選択できるようになり、輸送時間の短縮が期待されます。
効果1 日本の大動脈が直結、日本経済を支援
  • 都心経由ルート:H22センサス(混雑時平均旅行速度)による所要時間
    圏央道開通後ルート:圏央道の供用区間は規制速度(80km/h)、圏央道の今回開通区間は設計速度(100km/h)による所要時間
効果2 企業立地を促進し、雇用や投資が増加
  • 埼玉県では、圏央道沿線地域の新規立地が10年で462件となり、新規雇用が増えるなど、民需拡大・地域経済の好循環につながっています。
  • 今回の開通により、配送体制の効率化など、企業の活性化に寄与。
効果2 企業立地を促進し、雇用や投資が増加
効果3 新たな広域ネットワークが形成され観光交流の活性化が期待
  • 観光地へのアクセスが向上し、湘南・鎌倉周辺がより身近になります。
  • 圏央道の開通により、久喜白岡JCTから茅ヶ崎海岸までの所要時間が、約140分から約85分に短縮します。(約55分短縮)都心の渋滞を回避でき、定時性も向上します。
効果3 新たな広域ネットワークが形成され観光交流の活性化が期待
  • 都心経由ルート:H22センサス(混雑時旅行速度)による最短時間ルートの所要時間、圏央道、新湘南バイパスは制限速度(80km/h)
    圏央道開通後ルート:圏央道、新湘南バイパスの供用区間は規制速度(80km/h)、圏央道の今回開通区間は設計速度(100km/h)による所要時間
ページトップへ戻る