グループ長期ビジョン2025と中期経営計画

ありたい姿の実現に向けて、挑戦し、⾶躍する

取締役兼常務執行役員 経営企画本部長 小林 靖の写真
取締役兼常務執行役員
経営企画本部長
小林 靖

 NEXCO東日本グループは、グループ長期ビジョン2025の実現に向け、2017年度から2020年度までの4年間を「将来のありたい姿を実現するために挑戦し、飛躍する期間」と位置づけた『中期経営計画(2017年度〜2020年度)』を2017年に策定し、社会的使命を果たすための5つの基本方針をもとに、グループ一体となって事業を実施してまいりました。
 2019年には、多数存在する暫定2車線区間や高速道路の逆走、歩行者・自転車の誤進入など多様化する課題や、激甚化した広域的・同時多発的な風水害に対応し、高速道路の更なる機能強化を図るため、国土交通省が策定した「高速道路における安全・安心基本計画」を踏まえ、「高速道路における安全・安心実施計画」を策定しました。
 「安全・安心実施計画」で策定した各施策の着実な推進および2020年度が最終年度となる中期経営計画の達成に向けて、グループ経営ビジョンで掲げた「つなぐ」価値を創造し、あらゆるステークホルダーに貢献する企業グループとして成長することを目指し、NEXCO東日本グループ一体となって取り組んでまいります。

高速道路リニューアルプロジェクト(関越道 水上IC~湯沢IC)の写真
高速道路リニューアルプロジェクト(関越道 水上IC~湯沢IC)
常磐道4車線化工事の写真
常磐道4車線化工事
東北道 蓮田SA(上り線)完成式典(2019年7月)の写真
東北道 蓮田SA(上り線)完成式典(2019年7月)

グループ長期ビジョン2025

 NEXCO東日本グループは、グループの企業価値をさらに高め、継続して使命を果たし続けるため、民営化20年後を見据えた2025年にありたい姿を『グループ長期ビジョン2025』でまとめています。

国民から信頼されている企業
~ Reliable

お客さまに必要とされている企業
~ Required

地域社会の期待に応えている企業
~ Responsible

国際社会から認められている企業
~ Recognized

社員がやりがいを実感している企業
~ Rewarding

(2014年5月策定)

安全・安心実施計画の策定

 国土交通省が策定した「高速道路における安全・安心基本計画」を踏まえ、2019年12月20日に「高速道路における安全・安心実施計画」を策定しました。
 この計画では、高速道路の安全性、信頼性や使いやすさを向上するため、次の項目について具体施策を策定しています。

(1)暫定2車線区間の解消

  1. 計画的な4車線化の推進
  2. 暫定2車線区間の安全対策の推進

(2)自動運転などのイノベーションに対応した高速道路の進化

  1. 自動運転に対応した道路空間の整備
  2. 高速トラック輸送の効率化

(3)世界一安全な高速道路の実現

  1. 事故多発地点での集中的な対策
  2. 逆走対策

(4)ネットワークの信頼性の飛躍的向上

  1. 災害時の通行止め時間の最小化
  2. 工事規制の影響の最小化
  3. 雪氷対策
  4. 渋滞対策
  5. 構造物の老朽化対策
  6. 維持管理業務プロセスの高度化・効率化

(5)お客さまニーズを踏まえた使いやすさの向上

  1. 休憩施設の使いやすさの改善
  2. 高速バスの利便性向上
  3. 訪日外国人旅行者への対応
  4. スマートICなどによる地域とのアクセス強化
  5. 現地の交通状況に応じた交通運用

「高速道路における安全・安心実施計画」