NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

東北自動車道 ボックスカルバートの目地材の落下について

東北自動車道 ボックスカルバートの目地材の落下について

平成22年10月15日
東日本高速道路株式会社
東北支社

NEXCO東日本東北支社(仙台市青葉区)が管理する東北自動車道と一般国道294号との交差部(福島県白河市豊地川外)において、東北道の構造物の目地材の一部が、国道に落下しているのが発見されました。

これによるけが人や、国道への被害は現在のところ確認されていません。

また、東北道の安全性に影響ありません。

弊社では、今後同様の事象が発生しないよう、再発防止に取り組んでまいります。

1 発生場所

東北自動車道 ボックスカルバート 白河24

(白河インターチェンジ(IC)~白河中央スマートIC間の一般国道294号との交差部)

地先名 : 福島県白河市豊地川外

2 落下していた物

構造物間の隙間を埋める目地材 ・・・アスファルトに木質等繊維質を配合し板状にしたもの

最大約20cm×約60cm×約2cm重量約3kg (落下高さ4.5m)

3 落下確認までの経緯

10月15日(金)午前9時30分に、一般国道294号をパトロール中の福島県県南建設事務所の巡回員が発見し、弊社の郡山管理事務所に通報がありました。弊社社員が現地にて、目地材が落下しているのを確認し回収しました。

4 落下原因

現在調査中

5 当該個所の点検履歴

目視点検 平成22年9月2日 異常がないことを確認しました。

6 対応状況

国道294号を交通規制して緊急点検を行い、落下の可能性のあるものを撤去し、安全を確認したうえで規制を解除しました。

東北支社管内の高速道路と交差するボックスカルバートの緊急点検を実施します。

参考資料

位置図
位置図
航空写真
航空写真
BOX白河24 側面図
BOX白河24 側面図
BOX白河24 平面図
BOX白河24 平面図
写真
写真:目地片