道路管理運営事業への取り組み

持続可能なベストウェイを目指して

取締役兼常務執行役員 管理事業本部長 髙橋 知道の写真
取締役兼常務執行役員
管理事業本部長
髙橋 知道

 24時間365日、我が国の大動脈3,943kmを守り続けています。日々の点検やメンテナンス、安全な交通の確保、料金管理に関する業務のほか、渋滞対策などの機能強化や将来にわたって健全性を確保する高速道路リニューアルプロジェクトなどに取り組んでいます。

 また、大規模な災害が発生した場合、救援・復旧活動を支える交通路の早期確保も重要な使命です。

 より強く、より安全に、より快適に、高速道路自身もそれを守る技術も、新工法、新材料、ICT、ロボティクス、AIなどの最先端の技術を駆使して常に進化し続けています。

 そして、自動運転時代の新しいフェーズに高速道路の未来の姿を描き、実現していきます。