平成30年7月豪雨に伴う災害派遣等従事車両の
高速道路の無料措置について

平成30年7月18日
東日本高速道路株式会社

 平成30年7月豪雨に伴う災害派遣等従事車両(災害ボランティアを含みます)の高速道路の無料措置を実施しています。

 災害派遣等従事車両が高速道路の無料措置の適用を受けるためには、あらかじめ、最寄りの都道府県または市町村に申請し、「災害派遣等従事車両証明書」の交付を受けていただく必要があります。

1 派遣対象となる被災地府県

岡山県 広島県 愛媛県
※本件に係る被災地府県のホームページは別表1【PDF:323KB】を参照してください。

2 対象車両

  1. 自治体等からの要請により、被災者の避難所又は被災した県市町村の災害対策本部(物資集積所を含む)へ救援物資等を輸送するための車両
  2. 自治体等からの要請により、被災地の復旧、復興にあたるための物資、人員等を輸送するための車両
  3. 自治体が災害救援のために使用する車両
  4. 災害ボランティア活動であって、被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両

 ※被災地府県によっては対象車両が異なります。詳細は被災地府県にご確認ください

3 災害派遣車両証明書発行の手続きについて

  • 上記1.~3.の車両(災害ボランティア以外の車両)
    あらかじめ、最寄りの都道府県または市町村に申請し、「災害派遣等従事車両証明書」の交付を受けてください
  • 上記4.の車両(災害ボランティアの車両)
    あらかじめ別表2【PDF:199KB】の手続きにより、災害派遣等従事車両証明書の発行を受けてください。

4 高速道路の通行方法

  • ETCレーンを通行せず、係員のいるレーンを通行してください。
  • 入口料金所においては、通行券を受け取ってください。
  • 出口料金所においては、通行券に証明書を添えて料金所係員に手渡してください。
    (災害派遣等従事車両1台につき通行1回あたり1枚を提出してください)

 ※対象の高速道路は、被災地府県にご確認ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへの画像リンク(外部リンク)

PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。