高速道路の渋滞対策

渋滞の原因を分析し、渋滞解消・緩和対策を実施しています

渋滞発生状況の推移

高速道路における渋滞損失時間※1は、1997年をピークに減少傾向が続き、2008年にはピーク時の5割程度まで減少しました。

その後、2009年以降の休日特別割引(地方部5割引・上限1,000円等)による増加、2011年以降の東日本大震災からの復興需要等による増加を経て、2014年以降は各種渋滞対策効果の発現により減少傾向が続いていました。

しかし、2017年以降は首都圏近郊のネットワーク整備に伴い当社管内の交通量が増加し、渋滞は再び増加傾向に転じています。

※1:渋滞の度合いを表す指標。渋滞によるロス時間と影響を受けた台数の積により算出します。

渋滞発生状況の推移のイメージ画像

渋滞の発生原因

一年間に管内で発生する渋滞のうち約7割が交通集中によるものです。(2018年)

このうち渋滞発生箇所の内訳として、上り坂およびサグ部※2が約7割と大部分を占めています。

※2:下り坂から上り坂にさしかかる凹部をサグ部といいます。渋滞発生メカニズムや渋滞対策について、詳しくはこちら

渋滞の発生要因
渋滞の発生要因のイメージ画像
交通集中の発生箇所
交通集中の発生箇所のイメージ画像

渋滞緩和対策

お客さまに安全で円滑な道路交通を確保するため、ハード・ソフト両面の対策を実施し、渋滞緩和に努めてまいります。

  • ハード面の対策

    ハード面の対策のイメージ画像
  • ソフト面の対策

    ソフト面の対策のイメージ画像

【付加車線の設置】【加速・減速車線の延伸】

主要な渋滞箇所において付加車線の設置、加速・減速車線の延伸などを行っています。

詳しくはこちら

  • 関越道(下り)花園IC出口車線の延伸状況

    関越道(下り)花園IC出口車線の延伸状況のイメージ画像

【ETCの整備・普及】

ETC普及前は料金所部が渋滞発生箇所のワースト1位でしたが、現在はほぼ解消されました。

ETC利用率・渋滞損失時間のイメージ画像

【ペースメーカーライトによる交通容量拡大】

光が進行方向に移動するように点滅させることで、速度低下抑制・速度回復支援に効果を発揮しています。

  • アクアライン(上り)アクアトンネル付近のPML運用状況

    アクアライン(上り)アクアトンネル付近のPML運用状況のイメージ画像

【渋滞ポイント標識等による速度回復情報提供】

主要な渋滞発生箇所に標識を設置し、意識的な速度回復を促しています。

  • 渋滞ポイント標識の運用状況
    渋滞ポイント標識の運用状況のイメージ画像
  • 速度回復表示板の運用状況
    速度回復表示板の運用状況のイメージ画像

【車線運用の変更】

交通状況の変化に応じ、最適な車線運用へと改良を行っています。

  • 関越道(上り)大泉JCTの車線運用変更状況

    関越道(上り)大泉JCTの車線運用変更状況のイメージ画像

【渋滞予測情報の提供】

渋滞を避けてご利用頂くことで交通需要が分散し、渋滞規模縮減効果が期待できます。

NEXCO東日本公式渋滞予報士による渋滞予報&おでかけガイド

NEXCO東日本公式 渋滞予報士による渋滞予報&おでかけガイド お盆版のイメージ画像
2019年お盆期間 関東地域の高速道路における渋滞予測のイメージ画像
スマートフォン・タブレットのイメージ画像
渋滞ピーク時の日付と時間がひと目でわかる!渋滞予報ガイドお盆版のイメージ画像

【AIを活用した情報提供】

AIを活用した渋滞予測等の技術開発を推進しており、さらなる予測精度・利便性の向上に取り組んでいます。