【E5】道央自動車道 札幌料金所で防犯訓練を実施

~全国地域安全運動に参加 警察と合同訓練~

令和元年10月7日
東日本高速道路株式会社
北海道支社札幌管理事務所
株式会社ネクスコ・サポート北海道

 NEXCO東日本札幌管理事務所(北広島市)と株式会社ネクスコ・サポート北海道(札幌市厚別区)は、北海道警察 白石警察署と合同で、「全国地域安全運動」に合わせ防犯訓練を実施します。

非常時の適切な処置を訓練の写真
非常時の適切な処置を訓練
強盗が料金所を襲う想定の写真
強盗が料金所を襲う想定

1 日時

10月21日(月) 10:30~12:00 ※荒天時中止

2 場所

E5 道央自動車道 札幌料金所(札幌IC)(地図:別紙【PDF:305KB】

3 協力機関

北海道警察 札幌方面白石警察署

4 想定内容

  • 【1】お客さまを装った強盗犯が、料金所を襲い、ブース内の現金を強奪
  • 【2】強盗犯は一般道に逃走
  • 【3】犯人逃走後、警察に通報し、犯人の特徴などを伝えます。

5 訓練目的

  • 【1】高速道路の料金所の防犯体制を検証し、防犯意識を高めること。
  • 【2】強盗への対応や警察への通報など、非常時の適切な処置を学ぶこと。
  • 【3】警察との緊急連絡体制を確認すること。

6 「全国地域安全運動」とは

 民間協力期間・団体等と警察が連携し、犯罪や事故などのない安全で明るく住みよい地域社会の実現を推進する運動で、10月11日~20日を対象期間として、昭和52年から毎年開催されています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへの画像リンク(外部リンク)

PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。