【E51】東関東自動車道 上り線 四街道IC~佐倉IC間
昼夜連続車線規制のお知らせ

平成30年10月1日(月)~5日(金)、10月15日(月)~19日(金)
~橋梁補修工事を行います~

PDFバージョン【PDF:703KB】

平成30年9月26日
東日本高速道路株式会社
千葉管理事務所

 NEXCO東日本 千葉管理事務所(千葉県千葉市)では、E51東関東自動車道(以下「東関東道」)上り線 四街道インターチェンジ(以下「IC」)~佐倉IC間において橋梁補修工事を行うため、昼夜連続車線規制を実施します。

 お客さまには大変ご迷惑をおかけしますが、お出かけの際にはお時間にゆとりをもっていただきますよう、ご理解とご協力をお願いします。

1 規制区間及び日時

(1)規制区間:東関東道 上り線 四街道IC~佐倉IC (規制区間:約1.5km)
規制区間のイメージ画像
  • 各路線に付しているE51等の表示は、高速道路等の路線番号(ナンバリング)を示しています。
(2)日時
実施日:【1】第一走行車線及び路肩平成30年10月1日(月)~5日(金)
【2】第二走行車線及び追越車線 平成30年10月15日(月)~19日(金)

予備日:平成30年10月22日(月)~11月2日(金) ※土日を除く

  • 月曜日の規制開始は朝8時から、金曜日の規制解除は18時となります。
日時のイメージ画像
  • 荒天時は、予備日に順延します。
  • 夕方は交通量が多くなることが予想されます。

2 規制内容

 橋梁補修工事にあたり、上り線3車線の区間を2車線に減少させる昼夜連続車線規制を実施します。車線幅員が通常時より狭くなりますので、工事区間を走行時はご注意ください。

通常時

通常時のイメージ画像

昼夜連続車線規制時

【1】第一走行車線及び路肩規制時

第一走行車線及び路肩規制時のイメージ画像

【2】第二走行車線及び追越車線規制時

第二走行車線及び追越車線規制時のイメージ画像

3 工事概要

 東関東道 上り線 四街道IC~佐倉IC間に設置している「栗山高架橋」の劣化が進行しているため、橋梁の補修工事を実施します。この工事では橋梁のつなぎ目の伸縮装置を撤去し、つなぎ目を無くす工事を行います。

 この工事の実施にあたっては、昼夜連続規制を行う必要があります。安全・快適に高速道路をご利用いただくために必要な工事ですのでご理解とご協力をお願いします。

1.伸縮装置撤去
伸縮装置撤去のイメージ画像
2.床版撤去
床版撤去のイメージ画像
3.鉄筋設置
鉄筋設置のイメージ画像
4.コンクリート打設
コンクリート打設のイメージ画像

※写真は他橋りょうにおける工事の実施例です

4 交通情報の入手方法について

(1)配布・掲示物によるご案内
  • 横断幕を高速道路上の跨道橋に掲示します。
(2)お出かけ前に入手できる道路交通情報
  • NEXCO東日本お客さまセンター(24時間オペレーターが対応)
    ナビダイヤル:0570-024-024
    または TEL:03-5338-7524
  • NEXCO東日本 道路交通情報サイト 「ドラとら」
    【PC】
    【携帯】http://m.drivetraffic.jp/
  • 最新の規制情報は「ドラとら」をご覧ください。
  • 日本道路交通情報センター(JARTIC) 道路交通情報
    全国共通ダイヤル 050-3369-6666(携帯短縮ダイヤル#8011
    ※全国どこからでも最寄りの情報センターに接続します。
    全国・関東甲信越情報 050-3369-6600
    千葉情報 050-3369-6612
    【PC】
  • ハイウェイテレホン(5分毎に更新される最新情報を24時間提供)
    千葉局 043-257-1620
    (携帯電話・PHS短縮ダイヤル#8162
(3)高速道路をご利用中に入手できる道路交通情報
  • 道路情報板
  • ハイウェイラジオ(AM1620kHz)
    ハイウェイラジオを放送している区間は、高速道路上の標識によりご案内しております。
  • ハイウェイ情報ターミナル
    SA・PAに設置しているモニター画面などにより、道路情報を分かりやすくお知らせします。
  • VICS
    VICS対応のカーナビゲーションなどの搭載機で、道路交通情報が入手できます。
※Twitterの公式アカウント「NEXCO東日本(関東)」(@e_nexco_kanto)でも情報を配信しています。
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへの画像リンク(外部リンク)

PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。