【C3】東京外環自動車道 三郷JCT 夜間ランプ閉鎖のお知らせ

~舗装補修工事及び道路構造物の点検を行います~

最新の規制情報は、ドラとらをご覧下さい。

PDFバージョン【PDF:3.0MB】

令和3年10月18日
東日本高速道路株式会社
谷和原管理事務所

 NEXCO東日本 谷和原管理事務所(茨城県つくばみらい市)では、C3東京外環自動車道(以下「外環道」)三郷ジャンクション(以下「JCT」)のランプにて舗装補修工事及び道路構造物点検を行うため、夜間ランプ閉鎖を実施します。
 お客さまには大変ご迷惑をおかけしますが、お出かけの際には時間にゆとりを持っていただきますよう、ご理解とご協力をお願いします。

1.閉鎖箇所及び日時

(1)閉鎖箇所
 各日夜21時~翌朝5時(実施日及び予備日は、土・日・祝日を除く平日とします。)

区間Ⅰ 外環道(大泉方面)及び国道298号(草加方面)から、三郷線(銀座方面)・常磐道(水戸方面)へ流入するランプ
実施日:令和3年11月1日(月)~2日(火)、4日(木)
予備日:令和3年11月5日(金)、8日(月)~12日(金)
区間Ⅱ 外環道(高谷方面)及び国道298号(松戸方面)から、常磐道(水戸方面)へ流入するランプ
実施日:令和3年11月15日(月)~17日(水)
予備日:令和3年11月18日(木)、22日(月)、24日(水)~25日(木)
区間Ⅲ 常磐道(水戸方面)及び三郷線(銀座方面)から、国道298号(草加方面)へ流出するランプ
実施日:令和3年11月29日(月)~30日(火)
予備日:令和3年12月1日(水)~3日(金)
区間Ⅳ 常磐道(水戸方面)及び三郷線(銀座方面)から、国道298号(松戸方面)へ流出するランプ
常磐道(水戸方面)から、外環道(高谷方面)へ流出するランプ
実施日:令和3年12月6日(月)~8日(水)
予備日:令和3年12月9日(木)~10日(金)、13日(月)~16日(木)
  1. 三郷線・・・首都高速道路 三郷線
  2. 常磐道・・・常磐自動車道
閉鎖箇所のイメージ画像
  • 各路線に付しているC3等の表示は、高速道路等の路線番号(ナンバリング)を示しています。
閉鎖日時のイメージ画像
「NEXCO東日本(関東工事規制)」QRコードのイメージ画像
  • 荒天時は、予備日に順延します。
  • 工事実施判断は、当日の17時頃にTwitterなどでお知らせします。

2.迂回路

区間Ⅰ
閉鎖時の迂回にあたっては、別紙-1【PDF:601KB】をご参照ください。
区間Ⅱ
閉鎖時の迂回にあたっては、別紙-2【PDF:361KB】をご参照ください。
区間Ⅲ
閉鎖時の迂回にあたっては、別紙-3【PDF:347KB】をご参照ください。
区間Ⅳ
閉鎖時の迂回にあたっては、別紙-4【PDF:488KB】をご参照ください。

 迂回により所要時間が長くなりますので、時間にゆとりをもってお出かけください。

3.工事概要

 外環道の三郷JCTにおいて、損傷した路面の舗装補修工事、橋梁床版の防水を目的として橋面舗装補修工事、門型標識及び橋梁の維持管理のための点検作業を実施します。
 工事実施にあたって通常の車線規制では施工が出来ないことから、ランプを閉鎖して作業を行う必要があります。そのため、お客さまへ極力ご迷惑をおかけしないよう、交通量が少ない平日の夜間にランプの閉鎖を行い、工事を集中的かつ効率的に実施します。安全・快適に高速道路をご利用いただくために必要な工事ですので、ご理解とご協力をお願いします。

舗装補修工事 作業状況の写真 舗装補修工事 作業状況のキャプションのイメージ画像
橋梁点検 作業状況の写真 橋梁点検 作業状況のキャプションのイメージ画像

4.交通情報の入手方法について

(1)配布・掲示物によるご案内

  • 予告看板やポスター・リーフレットを、周辺の休憩施設に掲示します。

(2)お出かけ前に入手できる道路交通情報

(3)高速道路をご利用中に入手できる道路交通情報

  • 道路情報板
  • ハイウェイラジオ(AM1620kHz)
    ハイウェイラジオを放送している区間は、高速道路上の標識によりご案内しております。
  • ハイウェイ情報ターミナル
    SA・PAに設置しているモニター画面などにより、道路情報を分かりやすくお知らせします。
  • VICS
    VICS対応のカーナビゲーションなどの搭載機で、道路交通情報が入手できます。
  • Twitterの公式アカウントでも情報を配信しています。
    「NEXCO東日本(関東)」(@e_nexco_kanto) リアルタイムの交通情報
    「NEXCO東日本(関東工事規制)」(@e_nexco_kanto_k) 工事規制の実施判断
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへの画像リンク(外部リンク)

PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。