NEXCO東日本と障がい者支援団体が連携して 高速道路の休憩施設で草花の植栽作業を共同で行います

~新潟県内における「高福(幸福)連携」の取組み~

高福連携のイメージ画像

PDFバージョン【PDF:256KB】

平成31年4月10日
東日本高速道路株式会社
新潟支社上越管理事務所

 NEXCO東日本上越管理事務所(新潟県上越市)では、上越ワーキングネットワーク、妙高市障害者ワーキングネットワーク、信濃町 ひだまりセンターの3団体と連携して、E18上信越自動車道 新井パーキングエリア(PA)上り線、妙高サービスエリア(SA)上り線で、草花の植栽作業を共同で行います。
 当社グループは高速道路事業を活かしたCSR活動として地域社会の活性化を進めています。
 今回の取り組みは、NEXCO東日本が進めている「高福連携」の一環として実施するもので、高速道路を地域活性化の資源ととらえ、障がい者の就労機会を拡大することで、地域活性化に貢献することを目的としています。

1 日時

  • 【1】2019年4月17日(水) 9時30分 ~ 11時00分
    ※悪天候の場合は、4月18日(木)に延期します。
    延期は前日16時に決定します。
  • 【2】2019年4月18日(木) 10時00分 ~ 11時30分
    ※悪天候の場合は、4月19日(金)に延期します。
    延期は前日16時に決定します。

2 場所

  • 【1】上信越自動車道 新井PA(上り線) 妙高市大字猪野山字大内田地先
  • 【2】上信越自動車道 妙高SA(上り線) 妙高市大字関山字柳平地先

3 内容

SA・PA内の花壇への草花の植栽

4 参加者

  • 【1】上越ワーキングネットワーク、妙高市障害者ワーキングネットワーク
  • 【2】信濃町 ひだまりセンター

5 実施機関

NEXCO東日本新潟支社 上越管理事務所
株式会社ネクスコ・メンテナンス新潟 上越事業所

※「高福連携」とは

NEXCO東日本では、「高速道路」と「福祉」が連携した取組みを「高福(幸福)連携」と呼んでいます。高速道路事業を通じて社会課題等に取り組むCSR活動の一環と位置付け、CSVの考え方も踏まえて継続的に取り組んでいきます。

【参考】昨年の取り組みの様子(新井PAでの草取り)
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへの画像リンク(外部リンク)

PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。