高速道路の冬用タイヤ装着率調査の結果について(第3回)

~まだ小型車の約2割が冬用タイヤ未装着です~

PDFバージョン【PDF:676KB】

令和3年12月3日
東日本高速道路株式会社
新潟支社

 NEXCO東日本新潟支社(新潟市中央区)では、冬用タイヤの早期交換を喚起し、冬道の安全運転を啓発する目的として、12月1日(水)に新潟県内などの高速道路4カ所のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)で今冬期3回目の冬用タイヤ装着率調査を実施しました。
 冬用タイヤ装着率は大型車99%、小型車82%であり、前回調査より装着率は向上しましたが、まだ小型車の約2割が冬用タイヤ未装着でした。本調査は合計の装着率が90%以上になるまで行います。高速道路をご利用の際は、必ず冬用タイヤの装着及びタイヤチェーンの携行をしていただくとともに、最新の気象予報・道路情報をご確認いただきますようお願いいたします。

1.冬用タイヤ装着率調査の実施概要

調査方法

  • 調査対象のSA・PAに駐車している車両のタイヤ種別を調査員が目視で確認
  • 1カ所で50台程度を調査
  • 大型車は料金車種区分の特大車・大型車・中型車、小型車は普通車・軽自動車

調査場所

 E17関越道 谷川岳PA E8北陸道 米山SA 黒埼PA E18上信越道 妙高SA

  • 全て下り線で実施

調査(予定)日・結果公表日

  • 調査日は天候などの理由により変更することがあります。
第1回 第2回 第3回 第4回
調査(予定)日 11/17(水) 11/24(水) 12/1(水) 12/8(水)
結果公表日 11/19(金) 11/26(金) 12/3(金) 12/10(金)

2.調査結果(調査台数:221台)

調査箇所 区分 調査台数 装着率 初雪日
普通タイヤ 冬用タイヤ 今回調査
12/1(水)
【参考】
第2回調査
11/24(水)
E17関越道
谷川岳PA
(下り)
小型車 4 23 27 85% 48% 昨年:11/9
今年:11/23
大型車 0 23 23 100% 85%
4 46 50 92% 65%
E8北陸道
米山SA
(下り)
小型車 3 41 44 93% 73% 昨年:12/14
今年:11/27
大型車 1 10 11 91% 82%
4 51 55 93% 76%
E8北陸道
黒埼PA
(下り)
小型車 9 24 33 73% 74% 昨年:12/14
今年:12/1
大型車 0 30 30 100% 86%
9 54 63 86% 79%
E18上信越道
妙高SA
(下り)
小型車 8 24 32 75% 59% 昨年:11/9
今年:11/26
大型車 0 21 21 100% 96%
8 45 53 85% 72%
合計 小型車 24 112 136 82% 63%
大型車 1 84 85 99% 87%
25 196 221 89% 73%

3.NEXCO東日本新潟支社からのお願い

  • 『降雪前に早めの冬用タイヤ装着』と『チェーンの携行』をお願いします。
     今年度は既に新潟県内で降雪を観測し、これから本格的な降雪期を迎えます。冬用タイヤを未装着のまま雪道を走行することは大変危険となりますので、まだ冬用タイヤを装着されていない場合には、早めの交換をお願いします。
     整備管理者は、雪道を走行する自動車のタイヤについて、溝の深さがタイヤ製作者の推奨する使用限度(溝の深さが新品時の50%)よりもすり減っていないことを確認しなければなりません。
     また、大雪の場合には不要不急の外出を控えてください。やむを得ず外出をする場合、冬用タイヤであってもチェーン装着が義務付けられる場合がありますので、チェーンの携行も忘れずにお願いします。
  • 『雪道での運転はゆっくりと安全な運転』をお願いします。
     降雪シーズン初めは、雪道での運転感覚が戻っていないため、冬用タイヤを装着していても交通事故を起こしやすい傾向があります。
     いつも以上に車間距離を十分にとってスピードを控えめに、「急ハンドル」、「急加速」、「急ブレーキ」などの「急」の付く操作は行わず、ゆっくりと安全な運転をお願いします。
     また、降雪時にはスタックが発生しやすくなります。NEXCO東日本公式youtubeでスタックの発生メカニズムやスタックを発生させない方法について紹介していますので、安全運転の参考に是非ご覧ください。
    参考動画:『スタックを発生させないためには!?どのようにスタックが発生するのか解説します
  • 『お出かけ前とお出かけ中のこまめな情報収集』をお願いします。
     冬の高速道路は天候が急変します。出発地は晴れていても、経由地や目的地で雪が降っていることがありますので、お出かけ前やサービスエリアなどで道路情報や気象情報をこまめに確認してください。
     『ドライブトラフィック(ドラとら)』では、リアルタイムの道路交通情報、高速道路の路面状況(雪道ライブカメラ)の情報を提供しています。
マンモシ博士のイメージ画像

 NEXCO東日本では、冬の高速道路を安全・安心・快適・便利にご利用いただくために、SA・PA・料金所での安全啓発活動や交通安全キャンペーン、全国の高速道路・SA情報サイト「ドラぷら」において、『マンモシ博士の冬の高速道路講座』の掲載など、積極的に雪道に関する情報を発信しています。

  • 『NEXCO東日本新潟支社ツイッター @e_nexco_niigata
     新潟県内の渋滞情報や通行止め情報、ドライブ・旅行に関する情報を発信しています。
  • 『冬道情報LINEの友だち登録』をお願いします。
     NEXCO東日本新潟支社では11月20日からLINEを用いた冬道の情報提供を開始しています。通行止め予測や道路映像など冬道走行に役立つ情報を発信する予定です。QRコードから友だち登録をよろしくお願いします。

≪参考≫
NEXCO東日本新潟支社 冬道情報LINE

NEXCO東日本新潟支社 冬道情報LINEのイメージ画像

冬道情報LINE友だち登録QRコード

「冬道情報LINEの友だち登録」QRコードのイメージ画像

 NEXCO東日本グループでは、2021~2025年までの期間を「SDGsの達成に貢献し、新たな未来社会に向け変革していく期間」と位置づけ、様々な取り組みを行っています。
 今回の「冬タイヤの装着率調査」の取組みについては、交通事故による死傷者の削減などにつながる事業活動としてSDGs目標の3番、4番、8番に貢献するものと考えています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALSのロゴとSDGsの3番、4番、8番のロゴのイメージ画像
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへの画像リンク(外部リンク)

PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。