【E8】北陸自動車道(柿崎IC~柏崎IC間)上下線
トンネルリニューアル工事に伴う車線規制・通行止めのお知らせ

~混雑緩和にご協力をお願いします~

  • コーポレートトップ
  • プレスルーム
  • プレスリリース 新潟支社
  • 【E8】北陸自動車道(柿崎IC~柏崎IC間)上下線 トンネルリニューアル工事に伴う車線規制・通行止めのお知らせ

最新の規制情報は、ドラとらをご覧下さい。

PDFバージョン【PDF:1.5MB】

高速道路リニューアルプロジェクトロゴのイメージ画像1

令和4年4月27日
東日本高速道路株式会社
新潟支社

 NEXCO東日本新潟支社(新潟市中央区)は、E8北陸自動車道柿崎かきざきインターチェンジ(IC)から柏崎かしわざきIC間において、米山よねやまトンネル(下り線:新潟方面)の盤ぶくれ対策に伴うインバート設置工事(リニューアル工事)を実施します。
 工事期間中は、片側1車線の対面通行で運用する終日対面通行規制終日片側1車線規制や、車線規制の切り替えに伴う夜間通行止めを行います。
 走行可能な車線数が2車線から1車線へ減少することから、北陸道の柿崎IC~米山IC間の工事箇所付近において8月の一部期間で混雑を予測しています。対象区間を走行される場合には、更なる安全運転に努めていただきますとともに、時間に余裕をもってお出かけいただきますようお願いします。また、混雑を予測している日時に対象区間のご利用を予定されているお客さまにおかれましては、利用されるICの変更、通行時間帯・日時の変更など、混雑緩和にご協力をお願いします。
 リニューアル工事は、高速道路を安全・快適にご利用いただくために必要な工事です。お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、お客さまへのご迷惑を最小限にするよう取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願いします。

規制内容 ①終日片側1車線規制 ②夜間通行止 ③終日対面通行規制
区間 E8北陸自動車道
柿崎IC~米山IC 上下線
E8北陸自動車道
柿崎IC~柏崎IC 上下線
E8北陸自動車道
柿崎IC~米山IC 上下線
実施時期 令和4年5月9日(月)
~5月31日(火)
令和4年11月1日(火)
~11月29日(火)
令和4年5月31日(火)1夜間
令和4年10月31日(月)1夜間
※工事の状況により実施日が変わる可能性があります
令和4年6月1日(水)
~10月31日(月)
※土日祝日及び夏季交通混雑期も中断せずに実施します。
時間 終日(24時間) 20時~翌6時 終日(24時間)
工事内容 インバート設置工事
備考
  • 工事の進捗状況及び天候などにより、各規制の開始及び終了日が変更となる場合があります。
  • 最新の規制状況については、NEXCO東日本の道路交通状況を提供するサービスなど「7.道路交通情報などのご案内」をご覧ください。

1.規制区間および迂回路

 北陸道 柿崎IC~米山IC間で、最大約6.3kmの規制を行います。
規制区間および迂回路のイメージ画像
 夜間通行止めの際には、一般国道8号(柏崎バイパス)への迂回をお願いします。

区間 高速道路利用 一般国道8号利用
柿崎IC~柏崎IC 約17分 約28分

2.車線規制期間・混雑予測日

車線規制期間・混雑予測日のイメージ画像

3.予測している混雑の時間帯

 工事期間中は下記日時に混雑を予測しています。お出かけする際はご利用時間帯の変更ならびに時間に余裕を持ったご利用をお願いします。

  • 1kmにわたって車の流れが悪くなることを混雑としています。
上り線(上越方面)のイメージ画像
下り線(長岡方面)のイメージ画像

4.車線規制・夜間通行止の概要とお願い

①終日対面通行規制の概要とお願い
終日対面通行規制 6月1日(水)~10月31日(月)のイメージ画像
 トンネルのインバート工事にあたり、上下線各2車線の区間を上り線側に集約し、各1車線に減少させ終日対面通行規制を実施します。
 対面通行規制区間では車線幅員が狭くなっているため、走行する際は規制速度を遵守し、車間距離を確保して追突事故などには十分注意をお願いします。なお、車幅3.0m以上の特殊車両は通行できません。また、対面通行規制区間の前後では大きく車線が切り替わりますので、現地の案内看板などに従って通行をお願いします。

②夜間通行止めの概要と乗り継ぎ調整のお知らせ
 終日片側1車線規制と終日対面通行規制の切り替えのため、5月31日及び10月31日は、上下線の夜間通行止めを行います。
 夜間通行止め区間(柿崎IC~柏崎IC)の通行止めに伴う乗継料金調整については、別紙【PDF:191KB】をご確認ください。

③終日片側1車線規制の概要
 終日にわたり、追越車線または走行車線を規制して、片側1車線の通行となります。

①~③の車線規制・通行止めについてのお願い
 工事現場周辺では、工事用車両の出入りがありますので、前方に十分注意して走行をお願いします。
 工事期間中は、道路情報板や路上標識を活用した工事規制情報の提供や安全に走行していただくための注意の呼びかけを実施します。走行の際にはこれらの情報を確認のうえ、安全に走行していただきますようお願いします。

5.特殊車両通行時のお願い

 今回の規制に伴い、6月1日(水)~10月31日(月)、柿崎ICから米山IC間(上下線)は、車幅3.0m以上の特殊車両は通行できません。ご利用されるお客さまは、国道8号などへ迂回をお願いします。
 また、特殊車両通行許可(※)について、高速道路の経路のみ取得されている場合は、一般道の許可の取得も必要となりますのでご注意ください。

  • 特殊車両通行許可とは
    道路法及び車両制限令に基づき、一般的制限値(長さ・重さ・車幅など)を超えた特殊車両が公道を通行するにあたり必要となる許可のこと。

6.インバート設置工事の概要

インバート設置工事の概要
 インバート工事とは、インバートを設置することにより、トンネルを閉合構造とし耐力を増加させ、盤膨れによる隆起や沈下といった変状を防止し安定性の向上を目的としています。

インバート(トンネル底面の逆アーチに仕上げられた覆工部分)の設置のイメージ画像

路面隆起によるクラックの状況

路面隆起によるクラックの状況の写真1
路面隆起によるクラックの状況の写真2
路面隆起によるクラックの状況の写真3
路面隆起によるクラックの状況の写真4

インバート設置工事の様子

(1)舗装の撤去の写真
(1)舗装の撤去
(2)掘削の写真
(2)掘削
(3)インバートの施工の写真
(3)インバートの施工
(4)埋め戻し後舗装の施工のイメージ画像
(4)埋め戻し後舗装の施工

7.道路交通情報などのご案内

  • 高速道路の交通情報提供サービス『ドライブトラフィック(ドラとら)』
    リアルタイムな道路交通情報を提供しています。
    【アドレス】
    PC・スマートフォン版 https://www.drivetraffic.jp/
    モバイル版 https://m.drivetraffic.jp/
  • 全国の高速道路の便利な情報が満載のサイト『ドラぷら』
    【アドレス】
    PC・スマートフォン版 https://www.driveplaza.com/
    モバイル版 https://m.driveplaza.com/
  • NEXCO東日本お客さまセンター
    24時間365日オペレーターが応対いたします。
    【電話番号】
    0570-024-024 または 03-5308-2424
  • 日本道路交通情報センター(JARTIC)
    【アドレス】
    https://www.jartic.or.jp/
    【電話番号】
    全国共通ダイヤル 050-3369-6666(携帯短縮ダイヤル #8011
    ※全国どこからでも最寄りの情報センターに接続されます。
  • NEXCO東日本新潟支社ツイッター(ID:@e_nexco_niigata
    新潟県内の渋滞情報や通行止め情報、ドライブ・旅行に関する情報を発信しています。
  • ハイウェイラジオ
    放送している区間は高速道路上の標識によりご案内しております。
    ハイウェイラジオ(AM1620kHz)
  • ハイウェイ情報ターミナル
    SA・PAに設置されているモニター画面にて広域の道路交通情報をお知らせしています。
「北陸道リニューアル工事の特設WEBサイト」QRコードのイメージ画像

 北陸道リニューアル工事の特設WEBサイトもご覧ください。

高速道路リニューアルプロジェクトロゴのイメージ画像2

高速道路リニューアルプロジェクト
いま、安全・安心を次の世代へ。
NEXCO東日本は、皆さまに安全・安心を届けるために、高速道路の更新・修繕事業に取り組んでまいります。
または『高速リニューアル』で検索ください。

 NEXCO東日本グループでは、2021~2025年までの期間を「SDGsの達成に貢献し、新たな未来社会に向け変革していく期間」と位置づけ、様々な取組みを行っています。
 今回の「リニューアル工事」の取組みについては、安全・安心で信頼できるインフラ整備などにつながる事業活動としてSDGs目標の8番、9番、11番に貢献するものと考えています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALSのロゴとSDGs目標の8番、9番、11番のロゴのイメージ画像
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへの画像リンク(外部リンク)

PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。