NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

年末年始時期の高速道路における渋滞予測【全国版】

年末年始時期の高速道路における渋滞予測【全国版】
この期間の主な渋滞のピークは、上り方面のUターン時期に集中

2008年12月5日
東日本高速道路株式会社
中日本高速道路株式会社
西日本高速道路株式会社
(財)日本道路交通情報センター

東/中/西日本高速道路株式会社と(財)日本道路交通情報センターは、年末年始時期[2008年12月24日(水)~2009年1月6日(火)の14日間]の高速道路における交通集中による渋滞発生の傾向と、20km以上の渋滞が予測される場所や通過所要時間などについてとりまとめました。

お客様の出発時間を渋滞のピークが予測される時間帯の前後にずらすなど、ゆとりのある旅行計画づくりにお役立て下さい。

また、ETCをご利用いただくと時間帯割引などの各種割引や、スマートインターチェンジをご利用いただけます。(詳しくはNEXCO各社ホームページのETC情報をご覧ください。)

1 渋滞予測について

【渋滞発生の傾向】

今年の年末年始の特徴として、帰省のUターンなどによる渋滞が上り方面の1月2日(金)と1月3日(土)に多く発生すると予測しています。また20km以上の長い渋滞を、関越道、東名高速、名神高速、中央道、東名阪道、東海北陸道、中国道、九州道などで予測しています。

【ピーク時10km以上の予測渋滞発生回数】 (2008年12月24日(水)~2009年1月6日(火))
【特に長い渋滞の発生予測】
区分 道路名 ピーク日時(予測) 渋滞発生箇所 渋滞長
下り 東名高速道路 1月3日(土) 15時頃 岡崎(おかざき)インターチェンジ付近
(愛知県岡崎(おかざき)市)
25km
1月4日(日) 15時頃
1月2日(金) 16時頃 20km
12月27日(土) 12時頃 大和(やまと)トンネル付近
(神奈川県大和(やまと)市)
12月31日(水) 13時頃
1月2日(金) 12時頃
上り 東名高速道路 1月2日(金) 18時頃 大和(やまと)トンネル付近
(神奈川県大和(やまと)市)
35km
東名阪自動車道 1月2日(金) 16時頃 四日市(よっかいち)インターチェンジ付近
(三重県四日市(よっかいち)市)
1月3日(土) 17時頃

なお、20km以上の渋滞を予測している場所は、別表【PDF:18KB】PDFへリンクのとおりです。

2 渋滞インフォメーション

お客様に、旅行計画段階、旅行の出発前、走行中、休憩中など、いつでもどこからでも情報を入手していただけるよう、渋滞情報をインターネットなど各種の媒体を通じて提供しています。

(1)旅行計画に役立つ渋滞予測情報

1.インターネット

NEXCO各社のホームページで、渋滞予測個所や渋滞予測を見込んだ旅行時間予測情報が検索できます。

2.リーフレット(渋滞予測ガイド)

高速道路の各サービスエリアのインフォメーションや、各社の料金所事務室などでお配りしています。

3.携帯電話を用いたインターネット接続サービス

iモード、Yahoo!ケータイ、EZwebで渋滞予測情報が入手できます。

  • NEXCO東日本:『ドラぷらモバイル [http://m.driveplaza.com/]』
  • NEXCO中日本:『高速日和モバイル版 [http://kousokubiyori.jp/]』
  • NEXCO西日本:『ドライブポーター [http://www.w-nexco.co.jp/mobile/]』
(2)お出かけ前に入手できる道路交通情報
(ホームページアドレス、電話番号やFAX番号は、こちら【PDF:47KB】PDFへリンクをご覧ください。)
1.日本道路交通情報センターの道路交通情報 [http://www.jartic.or.jp/]

インターネットや電話で道路交通情報を入手できます。

2.ハイウェイテレホン(電話番号はこちら【PDF:47KB】PDFへリンクをご覧ください。)

リアルタイムの主要道路の交通情報(5分更新)を24時間入手できます。

また、iモード、Yahoo!ケータイ、EZwebからも接続できます。

なお、自動車走行中のドライバーの携帯電話の使用は禁止されています。

(3)走行中に入手できる道路交通情報
1.道路情報板
2.ハイウェイラジオ(1620kHz)
3.VICS

VICS対応のカーナビゲーションなどで入手できます。

(4)休憩中に入手できる道路交通情報
1.ハイウェイ情報ターミナル(サービスエリアなどに設置)

テレビ画面などを使って、分かりやすくお知らせします。

2.ハイウェイテレホン(電話番号はこちら【PDF:47KB】PDFへリンクをご覧ください。)

リアルタイムの主要道路の交通情報(5分更新)を24時間入手できます。

また、iモード、Yahoo!ケータイ、EZwebからも接続できます。

なお、自動車走行中のドライバーの携帯電話の使用は禁止されています。

3.その他

サービスエリアのインフォメーション、案内看板などで交通情報を入手できます。

3 雪道に関する情報提供

雪道は滑りやすく、降雪、吹雪などで見通しが悪くなるといった危険が潜んでいます。雪の多い地方はもちろんのこと、出発地の天候が良好でも目的地や通過地点で雪が降っていることがありますので、備えを万全にしておくことが大切です。

つきましては、冬の高速道路を安全で快適にご利用いただけるよう各社のホームページなどを通じて雪に関する情報を提供しています。

  • 自動車走行中のドライバーの携帯電話の使用は禁止されています。運転中の携帯電話のご利用は、同乗者が行うか、サービスエリア等で休憩されている時にお願いします。
(1)NEXCO中日本/西日本エリアの高速道路雪道情報
ユキイロドットコム [http://www.yukiiro.com/]

東海・北陸・関東甲信・関西地方の最新の雪道情報(気象状況、路面状況、雪氷作業の実施状況など)をインターネットや携帯電話(iモード、Yahoo!ケータイ、EZweb)で24時間提供しています。(提供期間:2008年11月1日~2009年5月31日(関西地区は3月31日まで開設))

〔掲載内容〕

高速道路の最新の気象状況、路面作業の実施状況、現時点から3時間先までの降雪予測を提供

(2)NEXCO東日本エリアの高速道路雪道情報 [http://yukimichi.driveplaza.com/]

NEXCO東日本エリア(北海道、東北、関東、新潟)の最新の雪道情報を、インターネットや携帯電話(iモード、Yahoo!ケータイ、EZweb)で24時間提供しています。(提供期間:2009年3月31日まで)

〔掲載内容〕
高速道路の最新の気象状況、降雪予測情報、気象画像

4 お客さまへの安全走行のお願い

高速道路を安全で快適にご利用していただくために、お客さまに次のことをお願いしています。

  • (1)冬装備を万全に

    高速道路では、局地的に降雪したり、天候が急変する場合がありますので、冬用タイヤの装着やタイヤチェーンなどの滑り止め装置の携行をお願いします。

  • (2)走行中の故障トラブルを防ぐため、走行前に車の点検をお願いします

    高速道路上での故障トラブルは、事故や渋滞の原因となります。故障トラブルの大半が、走行前の基本的な車両点検で防げるものです。特に、燃料、タイヤ、オイル、冷却水の点検を忘れずにお願いします。

  • (3)後部座席でもシートベルトを着用しましょう

    シートベルトは命綱、衝突時の身体への衝撃を和らげてくれます。平成20年6月より、運転席・助手席だけでなく、後部座席においてもシートベルトの着用が義務化されました。車に乗車したら、全席シートベルト着用をお願いします。

  • (4)ETCカードは確実に挿入してください

    ETCカードの挿し忘れや不完全な挿入の状態でのご利用は、開閉バーの未作動の原因となり、非常に危険です。確実に車載器へETCカードを挿入したことを確認してご利用ください。

    また、ETCカードにはクレジットカードと同様に有効期限があります。有効期限切れのETCカードでは開閉バーが開きませんのでご注意ください。

  • (5)ETCレーンは、十分に速度を落としてご利用下さい

    ETCレーンには、前の車と十分な車間距離をとった上で、時速20km以下に減速して進入し、ETCレーン内は徐行の上、安全に停止することができるような速度で、開閉バーが開いたことを確認してご通行ください。

  • (6)渋滞末尾での追突事故に注意してください

    渋滞発生時には、渋滞の車列の中や渋滞の末尾での追突事故が発生しやすくなります。わき見をせず安全運転を心がけ、渋滞に遭ったらハザードランプで後続車に合図するなど、追突事故の防止に心掛けてください。

  • (7)適度な休憩を取って安全運転を

    夜間運転や長時間運転は疲れやすくなります。サービスエリアなどを利用して適度な休憩をとり、安全運転を心掛けてください。

    また、最近サービスエリアなどから進入方向を間違えるなど、高速道路本線を逆走して事故に至るケースが発生していますので十分に注意して下さい。

  • (8)給油やトイレはお早目に

    給油やトイレは、渋滞区間の手前などでなるべく早目にお済ませください。

  • (9)万一、事故や故障が起こった場合、安全な場所にすみやかに避難を

    高速道路上で人がはねられる事故が増えています。

    交通事故や故障により停止した場合、道路上にとどまることは非常に危険です。ハザードランプや三角停止表示板、発炎筒などで後続車に危険を知らせたら、通行車両に十分注意し、すみやかにガードレールの外など安全な場所に避難してください。また、非常電話による通報もお願いします。

  • (10)道路の異状は道路緊急ダイヤル『#9910』で通報を

    車両の通行に支障となる道路の穴ぼこや落下物などの緊急事態を発見したら、お近くに非常電話がない場合、道路緊急ダイヤル「#9910」による通報をお願いします。

    固定電話(NTT)、携帯電話(NTTドコモ、au、ソフトバンク)、PHS(ウィルコム、NTTドコモ)からの通報が可能です。

  • (11)緊急地震速報が発令されたら

    緊急地震速報が発令されてから、強い揺れが来るまでの時間は数秒から数十秒の時間があります。

    高速道路上やサービスエリアなどで緊急地震速報を受信したときは、身を守るために以下のような行動をお願いします。

    〔自動車運転中にカーラジオ等で受信した場合は…〕
    • あわててスピードを落とさない
    • ハザードランプを点灯し、まわりの車に注意を促す
    • 急ブレーキはかけず、緩やかに速度をおとす
    • 大きな揺れを感じたら、道路の左側に停止
    〔人が大勢いる施設では…〕
    • 落ちついて行動
    • あわてて出口に走り出さない
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。