NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

平成30年度決算の概要

平成30年度決算の概要

令和元年6月10日
東日本高速道路株式会社

NEXCO東日本(東京都千代田区)の第14期となる平成30年度(平成31年3月期)の決算の概要について、お知らせします。

当期は平成30年4月1日から平成31年3月31日までの1年間となります。

【平成30年度決算(連結)のポイント】
  1. 料金収入については、東京外環自動車道三郷南IC~高谷JCT間の開通等により交通量が前年度比2.2%増の295万台/日となったことから、8,599億円(前期比222億円増)となりました。
  2. 料金収入を含む高速道路営業収益全体については、東京外環自動車道三郷南IC~高谷JCT間の開通等により道路資産完成高が9,985億円(前期比8,692億円増)となったことから、1兆8,659億円(前期比8,903億円増)となりました。
    高速道路事業営業利益は、雪氷対策費用の減少などにより、10億円(前期比38億円増)の営業利益となりました。
  3. 全事業営業利益は44億円(前期比45億円増)となりました。
    また、親会社株主に帰属する当期純利益は、41億円となりました。なお、前期は厚生年金基金の代行返上に伴い特別利益を計上したことにより、208億円でした。
添付資料
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。