NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

【E5A】後志自動車道(余市IC~小樽JCT間)
平成30年12月8日(土)15時 開通

E5A後志自動車道(余市IC~小樽JCT間)
平成30年12月8日(土)15時 開通

~ 開通時刻が決まりました ~

平成30年11月7日
東日本高速道路株式会社
北海道支社

NEXCO東日本北海道支社(札幌市厚別区)は、平成30年10月19日付「E5A後志自動車道(余市IC~小樽JCT間)が平成30年12月8日(土)に開通します」にて、既にお知らせしていた後志自動車道の開通について、平成30年12月8日(土)15時に開通することが決まりましたので、お知らせします。

1 開通日時および区間

【開通日時】
平成30年12月8日(土) 15時00分
【開通区間】
E5A後志(しりべし)自動車道(後志道)
余市(よいち)IC(北海道余市郡余市町登町(よいちぐんよいちちょうのぼりちょう)) ~ 小樽(おたる)JCT(北海道小樽市新光町(おたるししんこうちょう))
【開通延長】
23.3km
【車線数】
暫定2車線
開通区間位置図

2 料金表

別紙1(料金表)【PDF:320KB】PDFへリンクのとおり

3 後志道をご利用されるお客さまへのお知らせ

(1)余市ICからのご利用について

余市ICからご利用の場合、距離に応じた適正な料金をいただくため、余市本線料金所で小樽塩谷ICまでの料金を先にお支払いいただきます。

小樽塩谷ICより先の区間をご利用される場合、出口ICにて全区間の料金から余市本線料金所でお支払いいただいた料金を差し引いた差額分をお支払いいただきます。

ご利用例:普通車の場合(通常料金)
  • 【1】ご利用区間:余市IC⇒小樽塩谷IC
    ご利用区間の料金:400円
    余市本線料金所(入口)でお支払いいただく料金(余市IC~小樽塩谷IC分):400円
    小樽塩谷IC(出口)でお支払いいただく料金:0円(400円-400円=0円)
  • 【2】ご利用区間:余市IC⇒札幌西IC
    ご利用全区間の料金:1,310円
    余市本線料金所(入口)でお支払いいただく料金(余市IC~小樽塩谷IC分):400円
    札幌西IC(出口)でお支払いいただく料金:910円(1,310円-400円=910円)
(2)小樽JCTのご利用について

札樽道 小樽IC・朝里ICから、新規開通する後志道への乗り入れはできません。

後志道から札樽道 小樽IC・朝里IC方面への乗り入れは可能です。

小樽JCTのご利用について

4 期待される主な開通効果(別紙2【PDF:3.8MB】PDFへリンク

※平成30年10月19日付「E5A後志自動車道(余市IC~小樽JCT間)が平成30年12月8日(土)に開通します」にて記者発表済み(再掲)

  • 国道5号の安全性の向上と代替路確保

    国道5号の走行安全性の向上や津波災害時の広域避難路、緊急輸送道路としての機能が期待されます。

  • 噴火災害時の代替路確保

    噴火リスクが高い有珠山や樽前山の噴火災害時において、道央圏と道南圏を結ぶ広域的な 代替路や避難路としての機能が期待されます。

  • 観光の活性化

    道央圏から後志地域への所要時間短縮により、観光地へのアクセス性が向上し、更なる観光客の集客が期待されます。

  • 地域の安全・安心な暮らしに寄与

    三次医療施設までの搬送時間短縮などによる後志地域の救急医療体制の強化により、地域の安全・安心な暮らしに寄与することが期待されます。

  • 農水産品の輸送の利便性向上

    迅速性・定時性の向上や安定的な輸送により、地域の特産品であるウニやぶどうなどの販路拡大や輸送品質の向上が期待されます。

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。