NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

京葉道路(篠崎~市川IC間:下り線)迂回道路への走行車線の変更について

京葉道路(篠崎~市川IC間:下り線)迂回道路への走行車線の変更について
~ 車線規制工事により渋滞が予想されます ~

平成21年10月8日
東日本高速道路株式会社
関東支社

NEXCO東日本 関東支社(東京都台東区、支社長:石川慎一)は、東京外環自動車道と京葉道路とが接続する京葉ジャンクション(JCT)(仮称)の建設に伴い、京葉道路において迂回道路を設置するために走行車線を変更する工事を実施しています。

この工事に伴い、京葉道路 篠崎出入口~市川インターチェンジ(IC)間の下り線について、設置する迂回道路への走行車線の変更を段階的に行いますので、お知らせします。

走行車線の変更に際し、車線規制による車線数減少に伴い渋滞が予想される時間帯がありますので、お出かけの際には、時間にゆとりを持っていただくとともに、並行している東関東自動車道への迂回(別紙1【PDF:30KB】PDFへリンク参照)や公共交通機関のご利用をお願いします。

お客さまには大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いします。

なお、上り線の迂回道路への走行車線の変更につきましては、11月中旬頃に実施する計画です。その際にも車線規制による車線減少に伴い、渋滞が予想されます。詳細は改めて11月初旬にお知らせします。

1 下り線の迂回道路への走行車線の変更概要

下記の予定で段階的に実施いたします。(別紙2【PDF:701KB】PDFへリンク参照)
(1)
10月13日(火)午前4時頃:市川ICの東京方面からの出口を変更します。
市川IC出口の位置が『東京寄りに300m程度手前に移ります』ので、ご注意願います。
(2)
10月20日(火)~10月25日(日)(予備日含む)の昼夜連続規制において下り線を迂回道路へ車線変更します。
10月21日(水)午前4時頃:迂回道路へ走行車線を変更する予定です。
  • いずれも天候不良等の場合、翌日以降に変更して実施します。

2 迂回道路への走行車線の変更に伴う交通規制

下記期間で、走行できる車線数を昼間:2車線、夜間:1車線に減少します。
  • 昼間:5:00~22:00、夜間:22:00~翌5:00
期間:平成21年10月20日(火)~平成21年10月25日(日)(予備日含む)

これに伴い、渋滞が予想されます。

各日の渋滞の予想される時間帯及び渋滞長は下記のとおりです。

  • 並行する東関道等への迂回等を勘案し渋滞長を予想しています。
京葉道路切替工事における渋滞予測
また、篠崎入口から国道14号にかけて、京葉道路本線渋滞の影響により渋滞が予想されます。 

3 道路交通情報の入手方法

(1)昼夜連続規制工事の案内
  • ポスター、立看板及びリーフレットをサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)などで掲示・配布いたします。
  • 横断幕を高速道路や国道などの跨道橋に掲示します。
  • ホームページでも当プレスリリース資料を掲載します。
  • NEXCO東日本お客さまセンターでも対応いたします。
    ナビダイヤル 0570-024-024(24時間対応)
    (PHS、IP電話のお客さま 03-5338-7524)
(2)お出かけ前に入手できる道路交通情報
  • NEXCO東日本お客さまセンター 0570-024-024

    (PHS、IP電話のお客さま 03-5338-7524)

  • ハイウェイテレホン(24時間提供)

    千葉ハイウェイテレホン 043-257-1620

  • 日本道路交通情報センターの道路交通情報
    全国統一番号 0570-01-1011
    全国・関東甲信越情報 03-3264-1331
    京葉道路・東関東道情報 043-222-9911
  • NEXCO東日本ホームページ「ドラぷら」 http://www.driveplaza.com/
  • 日本道路交通情報センターホームページ http://www.jartic.or.jp/
(3)走行中に入手できる道路交通情報
  • 可変道路情報版
  • ハイウェイラジオ(AM1620kHz)
  • ハイウェイ情報ターミナル(状態情報をテレビ画面で分かりやすくお知らせします。)

    幕張PA(上)、酒々井PA(上)、市原SA(上)、湾岸幕張PA(上)

  • VICS(VICS対応のカーナビゲーション等の搭載機で道路交通情報が入手できます。)
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。