NEXCO東日本 コーポレートサイト

NEXCO 東日本

ドラぷら

language

  • 日本語
  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • ภาษาไทย
  • 한국어

お盆時期の渋滞予測と混雑対策について(新潟県内)

お盆時期の渋滞予測と混雑対策について(新潟県内)
~ 混雑を緩和するために分散利用をお願いします ~

平成23年7月15日
東日本高速道路株式会社
新潟支社

NEXCO東日本新潟支社(新潟市西区)は、お盆時期〔平成23年8月10日(水)~8月21日(日)の12日間〕に当支社管内の高速道路で渋滞が予測される箇所とその対策をとりまとめました。

高速道路をご利用される際には、この渋滞予測等をご参考のうえ、高速道路の分散利用にご留意いただき、快適な旅行計画づくりにご活用ください。

なお、高速道路の本線上やトンネル及び休憩施設において、照明の減灯・消灯により節電対策を実施しておりますので、トンネル内走行時や夕刻時には早めのヘッドライト点灯など、十分注意して走行いただきますようお願いいたします。

また、燃料切れによるトラブル防止のため、高速道路のガスステーションの営業箇所を参照(別紙7)【PDF:306KB】PDFへリンクいただくなど、早めの給油にもご協力ください。

1 お盆時期の渋滞予測

  • 「上信越道」で交通集中による渋滞が予測されます。

過去の渋滞実績や交通状況を踏まえ渋滞を予測した結果、(別紙1,2)【PDF:143KB】PDFへリンクのとおり渋滞の発生が予測されますが、実際の交通状況により予測と異なる可能性があります。また、渋滞が予測されない道路でも、8月13日(土)~15日(月)をピークに混雑が予想され、さらに事故や天候の影響などにより混雑状況は大きく変わることがあります。また、「東日本大震災における復興支援に伴う東北地方の無料措置」による交通量増加に伴う予想外の渋滞、無料措置対象路線の磐越道及び日東道の一般レーンの出口では被災証明書確認などによる混雑が予想されますので、時間に余裕を持ってお出かけ下さい。

ご利用の際は最新の道路交通情報(別紙3)【PDF:18KB】PDFへリンクをご確認願います。

2 混雑対策の予定

  • 本線及び休憩施設において、混雑対策の取り組みを実施する予定です。

混雑対策については、本渋滞予測及び過去の混雑状況などを踏まえ、次に示す取り組みを実施する予定です。また、混雑が予想される休憩施設(別紙4)【PDF:10KB】PDFへリンクにおいては、駐車場整理員を配置します。

過去の混雑期において、大型車の駐車ますに小型車が停車され、大型車のお客さまにご迷惑をおかけしたことを踏まえ、大型車駐車ますの重点的な確保を予定しています。

項目 主な対策
本線部 (1)上り坂等での速度低下注意喚起対策(※3)
(2)渋滞後尾への追突注意喚起対策
休憩施設 (3)休憩施設等での駐車場整理員の配置
(4)仮設トイレの設置
(5)大型車駐車ますの確保
  • 3 上り坂など一時的に速度が低下する区間では、車間距離が縮まり、ブレーキをかける車両による渋滞が発生するため、速度回復を促す対策を行います。

3 休憩施設のサービス拡充

  • 休憩施設の営業時間を拡大します。【8月10日(水)~21日(日)】

お盆時期は、通常の営業時間を拡大し、お客さまのご来店をお待ちしております。(別紙5,6)【PDF:21KB】PDFへリンク

(※休憩施設により営業時間が異なりますので、ご注意願います。)

4 お客さまへのお願い(交通事故防止について)

  • 新潟支社管内では、今年に入りすでに「8件」の交通死亡事故が発生しております。
    高速道路をご利用の際は、交通事故防止のため安全運転をお願いいたします。
【漫然運転事故の防止】

平成20年~22年の7月と8月に発生した交通事故のうち、「わき見・居眠りなどの漫然運転」が 事故発生件数の大半を占めております。(新潟支社管内発生事故件数:NEXCO調べ)

運転時間や距離、疲労状況に応じて、早めに休憩施設での休憩をお願いいたします。

【渋滞後尾への追突注意】

高速道路道路上では、思わぬところで渋滞が発生する場合がありますので、車間距離を十分に確保してご通行願います。なお、前方での渋滞を発見した場合は追突事故防止のため、早めにハザードランプを点灯し、後続車に合図をお願いいたします。

【高速道路でのUターン禁止】

高速道路ではUターンはできません。目的地と違う方向に進んでしまった場合は、Uターンせずに次のインターチェンジまで走行し、出口では一般レーンを利用し係員にお申し出ください。

インターチェンジや休憩施設から本線に流入する際は、案内標識などにより正しい進路を確認してください。

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)外部リンク:別ウィンドウ表示 してご利用ください。