【E14】館山自動車道 富津中央IC~【E14】富津館山道路 富浦IC
夜間通行止めのお知らせ

11月4日(木)~11日(木) 各日夜21時から翌朝5時まで
~ワイヤロープ設置工事及び道路構造物の補修・点検を行います~

最新の規制情報は、ドラとらをご覧下さい。

PDFバージョン【PDF:464KB】

令和3年10月7日
東日本高速道路株式会社
東京湾アクアライン管理事務所

 NEXCO東日本 東京湾アクアライン管理事務所(千葉県木更津市)では、E14館山自動車道(以下「館山道」) 富津中央(ふっつちゅうおう)インターチェンジ(以下「IC」)からE14富津館山道路(以下「富館道」) 富浦(とみうら)IC間にてワイヤロープ設置工事及び道路構造物の補修・点検を行うため、夜間通行止めを実施します。
 お客さまには大変ご迷惑をおかけしますが、お出かけの際には時間にゆとりを持っていただきますよう、ご理解とご協力をお願いします。

1.通行止め区間及び日時

  1. 通行止め区間
    区間Ⅰ 館山道 上下線 富津中央IC~富津竹岡IC
    区間Ⅱ 富館道 上下線 富津竹岡IC~富浦IC
  2. 通行止め区間のイメージ画像
    • 各路線に付しているE14等の表示は、高速道路等の路線番号(ナンバリング)を示しています。
  3. 日時
  4. 区間Ⅰ
    実施日:
    令和3年11月4日(木)~11月5日(金)
    各日夜21時~翌朝5時
    予備日:
    令和3年11月8日(月)~11月9日(火)
    各日夜21時~翌朝5時
    区間Ⅱ
    実施日:
    令和3年11月4日(木)~11月11日(木)
    【土日除く】各日夜21時~翌朝5時
    予備日:
    令和3年11月12日(金)~11月19日(金)
    【土日除く】各日夜21時~翌朝5時
通行止め日時のイメージ画像
「NEXCO東日本(関東工事規制)」QRコードのイメージ画像
  • 通行止め区間内にある休憩施設については、以下のとおり閉鎖します。
    富館道 ハイウェイオアシス富楽里 
    各日夜20時30分~翌朝5時
  • 荒天時は、予備日に順延します。
  • 工事実施判断は、当日の17時頃にTwitterなどでお知らせします。

2.迂回路

 迂回にあたっては、下図のとおり並行する国道127号をご利用ください。
 館山道 富津中央IC~富館道 富浦IC間を国道127号経由で迂回した場合、所要時間は約50分(通常約25分)かかる見込みです。
 迂回により所要時間が長くなりますので、お時間にゆとりをもってお出かけください。

迂回路(区間Ⅰ+区間Ⅱ)のイメージ画像
迂回路(区間Ⅱのみ)のイメージ画像

3.工事概要

 館山道 富津中央IC~富館道 富浦ICにおいて、暫定二車線区間の正面衝突事故防止対策のためのワイヤロープ設置工事及び道路構造物の補修・点検を実施します。
 この工事を行う区間は片側1車線であり通常の車線規制では施工が出来ないことから、お客さまへ極力ご迷惑をおかけしないよう、交通量が少ない平日の夜間に通行止めを行い、工事を集中的かつ効率的に実施します。
 安全・快適に高速道路をご利用いただくために必要な工事ですので、ご理解とご協力をお願いします。

ワイヤロープ設置例の写真 ワイヤロープ設置例(キャプション)のイメージ画像
道路構造物点検作業状況の写真 道路構造物点検作業状況(キャプション)のイメージ画像

4.交通情報の入手方法について

(1)配布・掲示物によるご案内

  • 予告看板やポスター・リーフレットを、周辺の料金所・休憩施設に掲示します。
  • 横断幕を高速道路上の跨道橋に掲示します。

(2)お出かけ前に入手できる道路交通情報

(3)高速道路をご利用中に入手できる道路交通情報

  • 道路情報板
  • ハイウェイラジオ(AM1620kHz)
    ハイウェイラジオを放送している区間は、高速道路上の標識によりご案内しております。
  • ハイウェイ情報ターミナル
    SA・PAに設置しているモニター画面などにより、道路情報を分かりやすくお知らせします。
  • VICS
    VICS対応のカーナビゲーションなどの搭載機で、道路交通情報が入手できます。
  • Twitterの公式アカウントでも情報を配信しています。
    「NEXCO東日本(関東)」(@e_nexco_kanto) リアルタイムの交通情報
    「NEXCO東日本(関東工事規制)」(@e_nexco_kanto_k) 工事規制の実施判断
Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへの画像リンク(外部リンク)

PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。